【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

箱根駅伝2019青学メンバー一覧、タイム、成績、記録などを調査!

<Sponsored Link>

      2018/12/29

2018年も残すところわずかということで、2019年の箱根駅伝が近づいてきましたね。

こんどの箱根駅伝は青学の5連覇がかかっているということでやっぱり中心は青学になりそうですね。

今回は青学のメンバーなどについて調べてみました。

Sponsored Link

箱根駅伝2019青山学院大学の特徴と記録

青山学院大学は箱根駅伝11回連続24回目の出場で、優勝を4回経験しています。

現在箱根駅伝を4連覇中ということで本当にすごい勢いですよね。今回の箱根駅伝では大学3大駅伝の3冠もかかっており、絶対的王者といっても過言ではないですね。

青山学院大学の監督をつとめるのは原晋監督です。テレビでも見かける機会が多い名物監督ですね。原晋監督は今回の2019年箱根駅伝について、

「インフルエンザなどでバタバタしないかぎり高確率で狙える」

と話していて、絶対的な自信をもっているようです。アクシデントがないかぎり高確率で勝てると断言したということですごい余裕のあるコメントですよね。やっぱりそれだけ絶対的に強いチームを作り上げてきたという思いがあるのではないでしょうか。

選手層も非常に厚いので万が一体調不良などで1~2人欠けたとしてもほかの選手が補えそうですし、ほかの大学につけ入る隙はなさそうですね。

選手の自主性も尊重していて、一人ひとりが考えて練習を組んで技術を高めてきたそうですし、チームのまとまりとか雰囲気も良さそうなので2019年の箱根駅伝は青山学院大学が中心となりそうですね。

箱根駅伝 青山学院大学

箱根駅伝2019青山学院大学のメンバーのタイム、成績、特徴は?

青山学院大学はそこまで突出した選手はいませんが、みんなレベルが高く選手層が厚いのが特徴ですね。

中心選手には4年生の森田歩希選手、小野田勇次選手、林奎介選手、橋詰大慧選手などがいます。ほかにも3年の鈴木塁人選手、吉田圭太選手なども有力な選手と言われています。

4年だけではなく、2年、3年にも強い選手がいるということでバランスもいいチームですね。

出場が有力視されているメンバーとタイム(5000m)は次のとおりです。

橋詰大慧 13.37.75
小野田勇次 13.46.93
吉田圭太 13.50.67
鈴木塁人 13.53.20
森田歩希 13.54.18
梶谷琉哉 13.55.69
林奎介  13.57.41
神林勇太 13.59.14
生方敦也 13.59.61
山田滉介 14.04.81

ほとんどの選手がベストが13分台ということで力がある選手が揃っていますね。あとはここには入っていませんが、山登りが得意と言われている竹石尚人選手も5区の有力なメンバー候補と言われています。

竹石尚人に兄弟、彼女はいる?出身中学、高校、タイムなどを調査!

竹石尚人の5000mのタイムは14分5秒4とそんなに悪くないですし、原監督が第4の山の神になる可能性もあると期待されているので出走の可能性も高そうですね。

 

追記

2019年箱根駅伝の区間エントリーが発表されました!

1  橋詰 大慧(4年=和歌山北) 28:28:08

2  梶谷 瑠哉(4年=白鴎大足利)28:39:07

3  湯原 慶吾(1年=水戸工)  28:53:57

4  岩見 秀哉(2年=須磨学園) 28:49:13

5  竹石 尚人(3年=鶴崎工)  29:22:79

6  小野田勇次(4年=豊川)   28:57:30

7  林  奎介(4年=柏日体)  28:40:11

8  山田 滉介(4年=日体荏原) 29:21:74

9  吉田 圭太(2年=世羅)   28:27:40

10  吉田 ゆう也(3年=東農大三) 29:17:48

補欠 橋間 貴弥(4年=山形南)  29:08:85

補欠○森田 歩希(4年=竜ヶ崎一) 28:44:62

補欠 生方 敦也(3年=佐野日大) 29:08:39

補欠 鈴木 塁人(3年=流通経大柏)28:31:66

補欠 神林 勇太(2年=九州学院) 29:23:52

補欠 飯田 貴之(1年=八千代松陰)14:07:55

交代は4人まで可能ということなので、森田歩希選手、鈴木塁人選手あたりが直前で入る可能性が高そうですね。この辺は大学同士の駆け引きとかもありそうですね。

箱根駅伝2019青山学院大学が強い理由とは?

青山学院大学は学生駅伝で抜群強さを誇っていますが、なんでこんなに強いのでしょうかね。いろいろ調べてみたところ、育成システムと選手の勧誘がすごいらしいです。

選手を勧誘する際には心肺機能の高さを重視するそうです。多少のフォームの乱れなどがあっても心肺機能が高い選手を勧誘して、青学に入学させてからフォームを矯正していくというスタイルをとっているそうです。

体幹トレーニングとかを重視してフォームがきれいになり、もともと持っている心肺能力の高さが加わることで強い選手を育てることができているみたいですね。

現在、青学のエース的な存在である森田歩希選手も心肺能力の高さを見出されて勧誘されたそうです。

森田歩希の経歴、進路は?フォームの特徴、シューズのメーカーは?

あとは原晋監督は学生の性格にも注目しているそうです。なるべく明るい性格の学生を勧誘しているらしいです。明るい性格のほうが辛い練習にも耐えることができ、選手としても成長していくと考えているようですね。

選手に自主性をもたせることで一人ひとりが責任感をもって、目標に向かって頑張っているようですし、やらされていると言う感じではまったくないので精神的にもタフな選手が多いのでしょうね。

選手のやる気を引き出して能力を伸ばしていく原晋監督は本当にすごい監督ですね。

Sponsored Link

箱根駅伝2019青山学院大学の順位予想は?

選手層が厚くて、過去の実績とかもみると青山学院大学が優勝候補であることは間違いなさそうですね。原晋監督も言っていますが、アクシデントがないかぎり、1位の可能性が高いのではないでしょうか。

原監督の采配もすごいですし、箱根駅伝のような大きなレースに向けてピークをもっていくのは上手いと言われていて調整の部分でも問題はなさそうですね。

ライバルとしては東洋大、東海大が有力と言われていますが、力の差はまだもうすこしありそうですし、なかなか厳しいかもしれませんね。

箱根駅伝2019の注目選手、有力選手の名前、タイム、高校を紹介!

とはいえ、なにがあるかわからないのが駅伝ですからね。各大学も打倒青学を目標に虎視眈々と狙っていると思いますので目が話せないレースになりそうですね。今から箱根駅伝を楽しみに待ちたいと思います^^



 - 駅伝 マラソン , , , , , , ,