山本修二の経歴、中学、高校は?タイムや進路、彼女の情報も調査!

<Sponsored Link>

   

2019年の箱根駅伝は青学が5連覇がかかっているということで話題の中心となっていますが、東洋大学も力をつけていて展開によってはチャンスがありそうですよね。

東洋大学のエース的な存在が山本修二選手ですね。イケメンでかっこよくて女性もファンも多く、実力もすごいということで箱根駅伝での走りが期待されている選手です。

今回は山本修二選手について、いろいろ調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

山本修二の経歴、中学、高校は?

山本修二選手は広島県呉市出身で1996年8月17日うまれの22歳です。東洋大学の4年生です。

山本修二選手は4人兄弟で長兄の憲二さん、次兄の信二さんがいます。ともに東洋大学で陸上選手をしていて社会人の陸上選手をしているそうです。あとは雪乃さんというお姉さんがいるそうです。

山本修二選手の出身中学は地元広島の呉市立昭和北中学校です。中学時代についてはそこまで目立った成績を残していなかったそうです。

高校は遊学館高校に進学しています。この高校は偏差値が42-47ということであまり偏差値は高くないですが、部活動が盛んな高校で、野球部とかも強いそうです。高校は駅伝部があり、県内での実力のある高校のようです。

山本修二選手は高校1年のときはそれほど活躍できなかったそうですが、2年時から急成長し、様々な大会で好成績を残したそうです。全国高等学校駅伝競走大会にも出場し、1区で区間14位の成績を残しました。

高校卒業後は、上の兄弟2人が通っていた東洋大学に進学。強豪選手が揃う東洋大学で1年時から頭角をあらわし、様々な大会で好タイムをだしていきます。

箱根駅伝は1年から3年連続出場しています。1年のときは8区で区間9位、2年は2区で区間11位、3年のときは3区で区間1位となっています。

2018年の箱根駅伝のあと疲労骨折してしまい、復帰に2ヶ月を要しました。その後も腰痛などもあり、7月くらいまで練習時間が減ってしまったそうです。

その後、調子を戻していき、出雲駅伝では3区を走り、区間3位の記録を残しています。青学のエース森田歩希選手に2秒遅れの好走でした。

全日本駅伝ではチーム内に故障者がでた影響で距離が長い7区を走ることになりましたが、そこでも区間3位の好走をみせて安定感のある走りをしました。酒井監督からの信頼も厚く、2019年の箱根駅伝も東洋大のエースとしての走りを期待されています。

山本修二

山本修二のタイムは?進路はどこ?

山本修二選手のベストタイムは次のとおりです。

1500m 3分55秒66(2014年)
5000m 13分56秒49(2017年)
10000m 28分50秒64(2017年)
ハーフマラソン 1時間02分56秒(2017年)

東洋大学のエース選手ということでタイムも素晴らしいですね。2019年の箱根駅伝でどの区を走るのか気になるところですが、ネット上では2区、3区、5区あたりを走るのではないかと予想する人が多いみたいです。

青学は選手層が厚いですし、厳しいレースになりそうですが、山本修二選手の走りによってはいい勝負になりそうですし、頑張って欲しいですね。

山本修二選手の進路については「旭化成」に決まっているそうです。旭化成は実業団の強豪チームですね。全日本実業団対抗駅伝競争大会では歴代最多の23回優勝を誇るそうです。

強豪チームの実業団にはいることで山本修二選手はさらに成長していきそうですね^^

Sponsored Link

山本修二に彼女はいる?

山本修二選手はかなりのイケメンですよね。ネット上でもイケメンだと話題になっていて女性からの人気もすごいみたいですね。

こうなってくると彼女の存在が気になるところですよね。検索してみたのですが、いまのところ彼女がいるという情報はないようです。東洋大学陸上部はSNSを禁止していて、規律も厳しそうですし、暗黙のルールとして恋愛禁止にしてる可能性もあるかもしれませんね。

相澤晃の中学、高校は?経歴やタイム、走り方の特徴などを調べてみた!

大きな目標にも向かって必死に練習していると思いますし、恋愛をしている暇もない可能性もありそうですよね。山本修二選手が今後、どんな女性と付き合っていくのかも気になるところですね。

2019年の箱根駅伝で山本修二選手がどんな走りを見せてくれるのか注目したいと思います^^



 - 駅伝 マラソン , , , , , , ,