【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

赤木野々花のハープ演奏がすごい?演奏歴や評判、動画はある?

<Sponsored Link>

   

NHKの女子アナである赤木野々花さんはハープの演奏が得意なんだそうです。

女子アナでピアノとかの楽器をやっている人は多い気がしますが、ハープというのはちょっと珍しいですね。どんなきっかけでハープを始めて、どういった演奏ができるのかなどきになったので、今回は赤木野々花アナのハープについて調べてみました。

Sponsored Link

赤木野々花のハープの演奏がすごい?

赤木野々花さんは岡山県出身で1990年8月8日生れの28歳です。現在はNHK総合テレビの「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」などに出演しています。

出身高校は岡山県立岡山城東高等学校で大学は、慶應義塾大学です。女子アナで慶應卒の方は多い印象がありますね。慶應大学卒業の女子アナには小川知子アナとか中野美奈子アナ、秋元優里アナとかがいるみたいです。

赤木野々花さんはハープの演奏が特技で過去には「ニュースほっと関西」という番組内で披露したこともあるそうです。かつてはハープ奏者になるという夢を持っていて、かなり本格的にやっていて演奏技術も高いそうですよ。

ハープって聞いたとき、最初、イメージが湧かなかったのですが、でっかい三角形状の枠に弦がひいてあり、それを弾くという楽器ですね。よく昔の映画とかで女性がはなやかに弾いている楽器というイメージですね。

弦は47本あって、小型のものもあるそうです。値段はピンキリですが、小さいものは数万円で購入でき、大きいものは50万円とかしたりするみたいです。弦が長いので切れやすく、はりなおすのにお金もかかるということでそんなに手軽にできる楽器という感じではなさそうですね。

赤木野々花 ハープ

赤木野々花のハープの演奏歴、評判は?

赤木野々花アナは5歳のころからハープを始めたそうです。きっかけは母親が音大卒でその影響だったそうです。なんでハープだったのか気になるところですが、母親も奏者だったのでしょうかね?

このあたりはちょっと情報がなくて、わかりませんでした。5歳から習っていたということなので相当、ハープ奏者としての実力はあるのではないでしょうか。

地元の岡山で岡山市ジュニアオーケストラに所属して、演奏会なども行っていたそうですし、ハープ奏者になりたいという気持ちがあったようなのでかなり本格的にやっていたのではないでしょうか。

中学、高校時代にはKOBE国際学生音楽コンクールに出場し、奨励賞を受賞したそうです。「おやすみ日本」という番組ではハープ演奏しながら次回予告をしたことがあり、そのときも評判が良かったようです。テレビでもたまに披露しているようですし、かなり高い技術をもっていそうですね。

赤木野々花アナは高校まで音楽を専門に習っていたそうですが、大学は総合政策学部ということで音楽には関係ないところに進学しています。これは恩師の言葉があったからなんだそうです。

恩師から「人間の幅を広げれば、音楽の幅も広がる」と言われて、大学は音楽と関係ないところに進学し、語学を中心に学んだそうです。大学で学んでいるうちに音楽以外のことで表現したという考えが生まれて女子アナを目指したのかもしれませんね。

Sponsored Link

ハープの奏者の収入はどれくらい?

ハープ奏者の収入がどのくらいなのかなと思って調べてみたのですが、あんまり詳しい情報が見つかりませんでした。そこまでメジャーな楽器ではないということもあり、そんなに稼ぐことはできないようです。

世界トップクラスで一流の会場でコンサートをしたりする方の場合は数千万円稼げることもあるそうですが、それ以外では普通のOLさんと同じくらいということもよくあるようです。

ハープ奏者だけでは食べていけないということで副業をしている方もいるそうですし、なかなか大変な世界のようですね。赤木野々花さんもこういう事情とかもあってプロになることをあきらめて別の道に進んだのかもしれませんね。

武内陶子の経歴、最終学歴は?高齢出産した病院はどこ?

赤木野々花さんはハープの演奏がうまいことでほかの女子アナの方と差別化できているようですし、現在もその技術が活かされているので良かったですね。youtubeにも赤木野々花さんの演奏動画ありましたので、ぜひこちらもご覧になってはいかがでしょうか。(公式ではないようなので、消えてたらすいません)



 - 女子アナ , , , , , ,