新元号の有力候補を予想!誰が決めて、公表はいつ誰が行う?公布の流れは?

<Sponsored Link>

   

2019年になり今年は元号の改正が行われますね。平成もいよいよ残り僅かということで感慨深いものがありますね。新元号については、現時点ではいろんな候補がネット上であがっていて話題になっているそうです。

今回はそんな新元号の候補や予想などについて、いろいろ調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

新元号は誰が決めて、公表はいつ行う?

新元号がどうなるか話題になっていますが、そもそも誰が新元号を決めるのかちょっと気になりますよね。

具体的な流れについては、政令で定めるということだけが決まっていて具体的にどういう流れになるのかという決まりはないみたいです。

一応の流れとしては、漢学者などの有識者の間で候補を数点にしぼり、内閣官房長がそこから選定を行い、閣議で協議し、衆参両議院議長に意見を聞いて、閣議で決定するという流れのようです。

新元号は安倍首相が4月1日に行うそうです。当初は5月1日発表してすぐに公布するという案もあったみたいですが、国民生活への混乱を考慮して1か月前倒しして発表されることになったそうです。

カレンダー業界やIT業界、手帳業界とかいろいろ対応に迫られるということで大変そうですね。SEの方とかもかなりの負担になるのではないかと言われているそうです。

新元号による混乱というのはけっこうあるのかもしれませんね。ただ、こういう混乱は一部の方のみで大多数の方にとってはそれほどの混乱とかはないのではないでしょうか。

新元号 有力候補

新元号の候補予想!「安」の字が有力?

元号にはいくつかルールがあるそうです。そのルールというのは次の6つです。

・漢字2文字
・書きやすい
・読みやすい
・国民の理想としてふさわしい意味がある
・いままでの元号、またはおくりなとして用いられていない
・俗用されていない

この要件にあてはまる文字が選ばれることになり、さらに、略称で書く際のことも考慮されます。過去の元号と同じ、つまり、「明治=M」、「大正=T」、「昭和=S」、「平成=H」となっているのでこのイニシャルとかぶらない文字にするように考慮されるそうです。

ネット上でもこの新元号の予想が過熱していて、現時点でもいろんな予想がされているようです。

現時点では、いろんな漢字の候補がでていますが、とくに、「安」という字が有力という意見もあるみたいです。「安寧」とか「安久」、「安和」、「安長」、「安化」などが候補として挙がっているようです。

ほかには「永」という文字や「光」、「和」という文字なども新元号の有力な候補といわれているようです。個人的には「安久」とかいい気がしますね。画数が少ないので書きやすいし、覚えやすいし、親しみやすいんじゃないでしょうかね。

あんまり画数が多い字はちょっと大変なのでシンプルな文字がいい気がしますね。

あとはネット上ではキラキラ元号というちょっと変わった元号が大喜利みたいな感じでつぶやかれていたりもするそうです。たとえば、「天馬」と書いて、「ペガサス」と読んだり、「小宇宙」で「コスモ」と読んだりとけっこういろんなキラキラ元号があるみたいですね。

ツイッターではハッシュタグで「こんな新元号は嫌だ」という感じでネタを投稿して盛り上がっているようです(笑)

Sponsored Link

新元号の公布の流れは?

新元号が決まったら2019年の5月1日から公布されるそうです。現在の天皇陛下が公布し、王位継承と同時に改元されるそうです。

4月30日に平成が終わるということで時代の節目ですね。この新元号の公布の瞬間に立ち会えるということでわくわく感とかもありますね。きっと大きなインパクトがある出来事になるのでしょうね。

新しい元号の時代が日本国民にとっていい時代になっていくといいですね。どんな新元号になるのかわくわくしながら待ちたいと思います^^



 - ニュース , , , ,