仲邑菫の両親はどんな人?韓国人との噂がある?どんな教育方法?

<Sponsored Link>

   

将棋界では藤井聡太さんが登場して大盛り上がりを見せましたが、囲碁界でもすごい天才少女が現れたということで大きな話題になっているそうです。

その天才少女は仲邑菫(なかむらすみれ)さんです。囲碁界の史上最年少である10歳でプロ入りが決まったそうです。まさに天才少女ですね。1日警察署長をやるなどメディアにも注目されていて、今後一気に知名度が上がっていきそうですね。

今回は史上最年少のプロ棋士になることが決まっている仲邑菫さんについて調べてみました。

Sponsored Link

仲邑菫の経歴、プロフィールは?

仲邑菫さんは大阪府出身で2009年生まれの9歳です(2019年1月時点)。英才特別採用枠という試験に合格し、4月からプロの囲碁棋士になることが決まっています。

10歳0か月でのプロ入りは史上最年少の記録なんだそうです。ちなみにこれまでは藤沢里菜女流3冠の11歳6ヶ月が最速だったそうです。1年半も早くプロになったということですごいですね。

現在小学4年生で大阪市立高見小学校に通っているそうです。地元の小学校もこのニュースに喜んでいるでしょうね。

仲邑菫さんはマスコミにも大きく取り上げられてネット上でも話題になっているようです。「天使のようにかわいい」とか「囲碁界も新星の登場で盛り上がりそう」と喜びの声がたくさんあるようです。

こういうすごい子が登場すると自分の子供にも囲碁をやらせようという方が増えて、囲碁界も盛り上がるでしょうね^^

仲邑菫さんは3歳のころから囲碁を始めたそうです。やっぱりプロになるようなすごい子は幼少期から英才教育みたいなのを受けてきたのでしょうね。仲邑菫さんの両親は実はすごい方なんだそうです。

仲邑菫 両親 韓国

仲邑菫の両親はどんな人?韓国人とのうわさがある?

仲邑菫さんの父親は囲碁のプロ棋士である仲邑信也九段です。

仲邑信也九段は1973年4月10日生まれで現在45歳です。平成18年には棋道賞勝率第1位賞(33勝8敗)を獲得し、通算400勝も達成しているそうです。9段は最高段位みたいですし、かなりの実力を持っている方みたいですね。

母親は幸(みゆき)さんといい、アマ6段で囲碁教室講師の経験があるそうです。両親ともに囲碁の経験者であり、実力者ということなので、仲邑菫さんは囲碁界のサラブレッドみたいな存在ですね。

仲邑菫さんの名前で検索していたところ、関連ワードに「韓国」というのがあり、両親のどちらかが韓国人なのかなと思ったのですが、そういうわけではなく、両親とも日本人とのことです。

なぜ、韓国人説がでたのかというと、仲邑菫さんが韓国語を話している姿がテレビで紹介されて、それによって両親のどちらかが韓国人なのかなと検索する人が増えたみたいです。

仲邑菫さんが韓国語を話すことができたのは留学経験があるからなんだそうです。

Sponsored Link

仲邑菫の教育方法とは?

仲邑菫さんは幼少期から父親に囲碁を教えてもらい、どんどん実力をつけていったそうです。3歳から父親の主催する教室で囲碁を学んでいき、メキメキと実力をつけていったそうです。

その後、小学2年のときに囲碁の勉強のために韓国のソウルにわたったそうです。囲碁は韓国のほうが進んでいて指導法も確立しているということで韓国で学ぶことを選んだそうです。長期滞在して、囲碁を学んでいるうちに韓国語も習得して仲邑菫さんは韓国語を話せるようになったそうです。

仲邑菫さんは勉強熱心で頭もいいということで語学習得能力も高かったみたいですね。別の言語を学んで海外の人と対戦したりすることで脳にもいい刺激があって好影響があったでしょうし、さらに囲碁も上達していったのでしょうね。

仲邑菫さんは負けず嫌いで気が強く、囲碁の勉強を毎日6時間から9時間くらいしているそうですよ。やっぱり特別なことを成し遂げる子はやっていることが全然違いますね。

子供をなにかの一流にさせたい場合は、ほかの子と同じようなことをさせるのではなく、違うことをさせていろんな経験をさせるのが大事といえそうですね。今後はどの業界もグローバル化すると思いますし、海外とかの異文化に触れさせるのがいいのかもしれませんね。

大場美和の経歴、学歴は?事故でやらかしたことがある?

仲邑菫さんは井山裕太5冠とも記念対局で引き分けたそうですし、相当強いようですし、今後が楽しみですね。これからの仲邑菫さんの活躍に注目していきたいと思います。



 - ニュース , , , ,