吉田輝星の特徴、凄さとは?なぜ打てないの?スカウトの評価は…

<Sponsored Link>

   

第100回となる全国高校野球選手権大会は盛り上がっていますね。レジェントの始球式とかもあって、いつも以上に盛り上がって有力な選手も多くいて見ていて楽しいですね。

プロにいっても通用しそうなすごい投手が多いですが、なかでも秋田県立金足農業高校の吉田輝星投手はとくに注目されていますね。今回は吉田輝星投手についていろいろ調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

吉田輝星の特徴と凄さとは?

吉田輝星投手のすごいところはなんといってもストレートではないでしょうか。最速150kmの伸びがある速球が最大の武器で、投球もストレートを中心に組み立てることが多くなっています。

伸びがあるボールでバンバン三振を取りまくっていますし、見ていて気持ちがいい投球をしますよね。甲子園でも絶好調でこれまで4試合連続で二桁奪三振を記録しています。

三振を取りまくっている伸びのあるストレートが投げられるようになったのは、秋田県立金足農業高校の野球部OBである父親の正樹さんの影響も大きかったみたいです。正樹さんは甲子園をに出場できなかったということで、子供に甲子園出場の夢を託していたそうです。

子供の頃からキャッチボールをして投げ方を教えてきて、ボールの回転を意識するようにと教えてきたそうです。親子で甲子園を目指して練習に励んできた結果、質の高いストレートを投げることができるようになったそうです。

吉田輝星投手のストレートについては、全盛期の阪神藤川球児選手のようなポップするような球という評価もあるみたいです。きっと打者からすれば球速以上に早くて打ちにくいのでしょうね。

吉田輝星 特徴 凄さ

吉田輝星の球はなぜ打てない?

プロに入っても通用しそうな速球なので高校生が打てないのは当然かもしれませんね。吉田輝星投手はストレート以外に、カーブ、スプリット、スライダーも投げることができて緩急をつけたピッチングができるので打者はタイミングもとりにくいそうです。

変化球のキレもいいし、コントロールもいいのでストライクもとりやすく、ピッチャー有利なカウントを作りやすいので打たれにくいのでしょうね。

あとは吉田輝星投手はピンチに強くて、速球のギアを3段階あげることができるそうです。ピンチになったり重要な場面になるほど球速をあげることができるので打者は打ちにくいというわけです。

同じフォームでストレートの速度に差があるとタイミングが狂わされますし、予想していた以上に早い速球となると振り遅れて三振しやすくなってしまいますよね。

ストレートのコントロールもいいし、打者が吉田輝星投手を打ち崩すのは相当大変そうですね。

Sponsored Link

吉田輝星に対するスカウトの評価は?

吉田輝星投手に対しては各球団のスカウトもべた褒めしているみたいですね。フォームがきれいななので、崩れにくいし、これからプロになればさらに伸びると考えてるスカウトも多いみたいです。

ギアの入れ方やペース配分、スタミナも高いということで即戦力になると考えている球団も多いのではないでしょうか。

 井川慶の性格は天然で個性が強い? 伝説がすごいけど、現在は激太り?

来年のドラフトはいい選手が揃っていて豊作になりそうですが、その中でも吉田輝星投手は上位で指名される可能性が高いのではないでしょうか。どのチームに入団するのか非常に楽しみですね。



 - 野球 , , , , , , ,