堀ちえみ 手術で後遺症残る?リハビリ方法、期間はどのくらい?

<Sponsored Link>

   

タレントの堀ちえみさんが舌がんを公表し大きなニュースになっていますね。堀ちえみさんの舌がんはステージ4でリンパにも転移しているということで状況は厳しいといわれているそうです。

厳しい状況ではありますが堀ちえみさんはブログで前向きな心境を語っていて、治療にしっかり取り組んでいくことを決めているそうです。そして、舌がんの治療のためには手術が必要ということで2月22日手術を行うそうです。

今回はこの舌がんの手術の後遺症やリハビリについて調べてみました。

Sponsored Link

堀ちえみの舌がん手術の内容、方法は?

堀ちえみさんの舌がんはステージ4とかなり進行しているということで手術も難しくなることが予想されているそうです。リンパに転移してしまっているので、大掛かりな手術になり、医師の態勢も耳鼻咽喉科、口腔外科、形成外科など色々な科の医師が担当するそうです。

癌が転移している舌の部分を切除し、別の部分の皮膚を移植するという手術の内容にになっているそうです。堀ちえみさんの場合は首のリンパにも転移しているということでその部分も切除し、全部で12時間以上の手術となる予定とのことです。

これだけ大掛かりな手術となれば本人の不安も大きいでしょうね。手術前日のブログを拝見したところ、お子さんたちが様子を見に来てくれて「頑張って」と言ってくれたようです。お子さんたちの言葉も大きな支えになっているようですね。大変な手術ではありますが、無事に乗り越えてほしいなと思います。

堀ちえみ 後遺症

堀ちえみ 舌がん手術によって後遺症は残る?

舌がんの手術をした場合に後遺症が残るのかどうか気になったのですが、舌の切除の範囲によって異なり、個人差もあるようです。場合によっては発音の障害(構音障害)が残ってしまうこともあるそうです。

堀ちえみさんはステージ4で範囲広いようなので術後は味覚障害、嚥下機能や構音機能、咀嚼(そしゃく)に影響がでる可能性が高いそうです。術後、数か月の入院が必要になり、リハビリをしていくことになるそうです。

術後は食べ物が呑み込めなかったり、しゃべることができなくなるので、手術直後というのはかなり大変なようです。ほかにも切除部分の痛みなどがあり、術後1週間くらいはかなり負担が大きいようです。

Sponsored Link

堀ちえみ 舌がん手術のリハビリ方法、期間は?

舌がんの手術をした場合のリハビリ期間については1~2年ほどかかることが多いようです。適切な方法でリハビリを行っていき、経過をみていく必要があるということで、しばらくは後遺症のような感じで発音に障害が残りやすいそうです。

とくにタ行、ダ行、カ行、ガ行と母音のイの発音が不明瞭になりやすいそうです。あとは舌のどの部分を切除したのかによっても変わってくるそうです。リハビリも大変なようですし、発音障害が残ってしまう可能性もあるかもしれません。

リハビリの方法については、くちびる、舌、あごの運動などをしていく方法などがあるそうです。また、舌が本来の動きができない場合には舌の代わりに上の歯と下のくちびるで発声させるというトレーニングをしたりもするそうです。

ほかにはしゃべるスピードをゆっくりしたり、区切りながら、丁寧に話すなど話し方のトレーニングも行っていくそうです。

癌は手術のあとが一番苦しいということで、堀ちえみさんもかなり辛く厳しい戦いになると思いますが、なんとか無事手術を乗り切って、リハビリも乗り越えて、いつか元気な姿をみんなにみせてほしいですね。堀ちえみさんが無事回復することを心よりお祈りいたします。



 - 芸能 , , , ,