貴景勝の怪我の全治は?復帰はいつ?古傷で重症、深刻なの?

<Sponsored Link>

      2019/05/18

大関の貴景勝が怪我のため、今場所、休場するとニュースになっていました!

令和になって初で、大関としても初めての場所として期待がかかっていただけに、今回の怪我は本当に残念ですね。今回は貴景勝の怪我の状況などについて調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

貴景勝が怪我をした原因、理由とは?

貴景勝が怪我をしてしまったのは2019年5月15日の御嶽海戦です。

御嶽海は貴景勝と体型が似ていて、立ち合いに勢いがあり、実力がある力士ですね。優勝経験もありますし、若くて勢いがあるので貴景勝のライバルともいえる存在ですね。

その御嶽海戦では立ち合いで激しくぶつかりあい、どちらも譲らずに組んだ状態になりました。そこからしばらく組んだ状態で最終的にはもろ差しになり、そのまま土俵外に寄り切って貴景勝が勝利しました。

この土俵際に寄り切るときに右ひざの裏が伸びきってしまい、右ひざ内側のじん帯を痛めてしまったようです。取り組みのあとすぐに右ひざを気にするような仕草をみせていました。

支度部屋にもどってすぐに右ひざを冷やしていたそうなので、取組後から怪我の具合はけっこうひどかったのかもしれませんね。貴景勝は精神的にかなり強いらしく、弱音を吐いたりしていなかったようですが、相当痛みがあった可能性がありそうです。

せっかく苦手としていた御嶽海に勝利したのに、この怪我は残念ですね。

貴景勝 

貴景勝の怪我の全治はどのくらい?古傷で重症、深刻?

貴景勝の今回の怪我の具合ですが、5月16日の報道によると内側靱帯(ないそくじんたい)の損傷で全治3週間とのことです。

全治3週間というのはけっこう重い症状といえそうですし、深刻な状況かもしれません。今場所を休場するということですが、下手したら来場所にも影響する可能性もあるかもしれませんね。

力士にとってひざの怪我は致命傷になりやすいそうです。

貴景勝は右ひざに古傷はないようですが、2018年に右足首を痛めて休場したことがあるそうです。今回は同じ右足の膝ということなので、これはちょっと心配ですね。

貴景勝は175㎝で169㎏というずんぐりむっくりとした体形でただでさえ、膝などに負担がかかっているので、そこに怪我の影響があるとなると力士としてのパフォーマンスにも影響がでるのではないかと言われているようです。

右足をかばうようになれば、今度は左足にも影響がでそうですし、これから厳しくなりそうですね。

Sponsored Link

貴景勝の怪我からの復帰はいつ?

貴景勝が復帰できる時期については、いまのところ、情報はないですが、今場所は全休し、来場所に備えるという考えのようです。

親方もしっかり怪我を治すという方針で無理して場所に出場させるということはさせないようですし、しっかり治すことでまた元の力を発揮できる可能性もありそうです。

現状では本人も痛いと言っているそうです。貴景勝は弱音をはかない強い精神力がありますが、その力士が痛いと言っているということなので相当状態は悪いのではないでしょうか。

7月の名古屋場所がカド番になってしまいますが、ここで無理してしまうのはこの先の力士人生にとってもよくないですし、無理せずに万全の状態にして出場したほうがいいと思いますね。

無理して大関の地位にこだわるよりは関脇に戻ってやり直したほうが長い目で見るとよさそうですね。本人としてはなんとしても出場したいという思いがあるでしょうけどそこは周囲がしっかりおさえて、しっかり完治させてから出場させてほしいなと思います。

追記(2019/5/18)
貴景勝が今場所の8日目に出場することになったそうです。19日から出場するということで大丈夫なのでしょうかね?高気圧酸素カプセルや注射、複数のトレーナーらの施術によって急速に回復したと話しているそうです。

酸素カプセルはサッカーのベッカムがW杯直前に怪我をしてこれで回復したということで話題になっていましたね。

そこまで重症ではなかったようなので、一安心ですが、ちょっと心配だし、不安もありますね。ここで、無理させずに今場所は休んでもいい気もしますけど、どうなのでしょうかね。

下手に悪化すると相撲人生にも影響がありそうですし、心配ですね…



 - 相撲 , , , , ,