【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

高田純次の事故相手がヤバい?当たり屋疑惑がある?ネットの反応は?

<Sponsored Link>

   

お笑いタレントで最近は俳優としても活躍している高田純次さんが交通トラブルを起こしたということで話題になっていました。

車の衝突事故は私も経験したことがありますが、けっこうめんどくさいですよね。今回の高田純次さんは当て逃げをしてしまったことで、事故相手との問題がこじれてしまっている状況でまだ解決していないようです。

今回は高田純次さんが起こした交通事故について、調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

高田純次の交通事故の経緯は?

高田純次さんが事故を起こしたのは4月14日で場所は浜崎ジャンクションの合流部分だったそうです。

合流に際して、高田純次さんの車が相手男性の車の左後部に衝突したそうです。ここですぐに車を停止させて、警察を呼んで対処をすれば問題にならなかったでしょうけど、そうはせずにそのまま逃げてしまったそうです。

被害を受けた男性も警察を呼ばずに高田純次さんの車を追跡したそうです。そして、10分ほど運転して一般道に出たところで、停車したそうです。高田純次さんはぶつかったことを気が付かなかったと話しているそうです。

被害を受けた男性は頸椎(けいつい)と腰椎の捻挫などで、全治2週間ということなのでぶつけたことを気づかなかったわけないと思いますけどどうなんでしょうかね。

その後、男性と示談交渉を行い、現在は弁護士をたててやり取りをしているそうです。これだけみると高田純次さんのほうに一方的な非がありそうですが、実際は被害男性にも疑われるところがあるみたいです。

高田純次 事故 相手

高田純次の交通事故の相手がヤバい?当たり屋疑惑が?

高田純次さんの今回の交通事故については、ネット上では当たり屋疑惑というのも浮上しているようです。今回の件にかかわらず、芸能人がなにかトラブルを起こしたときに被害者が悪いのではないかという意見はけっこうでますよね。

芸能人はお金を持っていますし、評判を気にする商売なので、うまくすればお金をたくさん取れるということで実際に悪い人に狙われやすいのは確かなようです。

ということで、今回の高田純次さんにあてられた男性について疑う声もでているようです。

被害男性が疑われている主な理由はつぎのとおりです。

・被害男性がすぐに警察を呼ばなかったから
・示談交渉を録音していたから
・示談交渉の録音を週刊誌に送ったから
・保険屋に電話していないから
・示談交渉で金額をどんどんつりあげていったから

こうした理由があるということで被害を受けた男性を疑う声があるようです。たしかに、普通ならちょっとしないことをしたり、しないといけないことをしなかったりしていますので、疑われるところもあるかもしれませんね。

ただ、これだけで当り屋と断定するのはダメだと思いますし、被害男性の二次被害という感じがしますね。男性は実際に当たって怪我したわけですし、けっこうな怪我をしているので示談金についてもある程度もらわないと納得できないのも分かる気がします。

示談交渉の音声の一部がネット上にあったのですが、高田純次さんの対応もちょっと不誠実な雰囲気があったし、そういうこともあって、問題がこじれた可能性もあるのではないでしょうか。

高田純次さんはテキトーな男というスタイルで生活し人気のキャラになっていますが、こういうときはしっかり対応しないとまずいですよね。

ちなみに被害男性は22歳のフリーターの男性とのことです。

Sponsored Link

高田純次の交通事故に対するネットの反応は?

今回の高田純次さんの交通事故については、ネット上でもいろんな意見があるようです。

被害男性はどうやらツイッターを開設したみたいですね。こういうのはちょっと逆にネットの人から疑われそうだし、逆効果な気がしますけどどうなんでしょうかね。

こういう感じでネット上では被害者男性が当たり屋ということ前提で考えている人もいるようです。

72歳という年齢は高齢だし、過去にも事故を起こしているので免許の返納も考えたほうがいいような気もしますけどね。

被害男性は高田純次さんを告訴したみたいですし、これからさらに問題がこじれていく可能性もありそうです。こういうことを避けるためにもぶつかったらすぐに警察を呼ばないとだめですね。

示談なんてしようものなら、あとあとどんなトラブルになっていくか分かりませんし、過度な労力と時間とお金が必要になることもありそうなので、まずはなにをおいても警察への通報ですね。

高田純次さんは今回の件ですぐに仕事に影響するとかはなさそうですが、あまり印象がよくないので、多少は今後に影響があるかもしれませんね。今後、この件がどうなっていくのか注目していきたいと思います。



 - 芸人 , , ,