【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

朝乃山の両親はどんな人?実家や生い立ち、性格について調査!

<Sponsored Link>

   

令和になって初めての大相撲は朝乃山が優勝しましたね!おめでとうございます!

場所が始まる前はまさか朝乃山が優勝するとはだれも予想していなかったのではないでしょうか。平幕優勝ということで本当に意外な結果になりましたね。

トランプ大統領も観戦に来たということで普通とは違った雰囲気があるなかで表彰されて本人もかなりうれしかったのではないでしょうか。今回は朝乃山の両親のことや実家のことなどいろいろ紹介していきます。

Sponsored Link

朝乃山の両親はどんな人?

朝乃山は1994年3月1日生れの25歳です。25歳というのはちょうど心も体も充実している年齢といえそうですね。「力士 ピーク年齢」でググってみたら、個人差がけっこうあるみたいですが、20代でピークになることが多く、30代で急激に衰えることも多いようです。

20代半ばから30くらいまでは充実して、ちからも発揮しやすそうですね。朝乃山もここから一気に力をつけて、番付をかけあがっていく可能性もありそうですね。

朝乃山の両親は夏場所14日目に応援にかけつけたそうです。両親の前で豪栄道に勝利して、その後、鶴竜が負けたことで朝乃山の優勝が決まりました。両親のまえで優勝を決めることができて朝乃山もうれしかったでしょうね。

両親の名前はお父様が靖さん(61)、お母様が佳美さん(56)というそうです。

父親は会社員をされているそうです。あんまり情報はないですが、画像があり、それを見ると身長がけっこう高そうですね。身体能力の高さとかは遺伝の影響が大きいようですが、父はとくにスポーツ経験というのはあまりないようです。相撲とかも経験はないそうです。

ちなみに朝乃山は3人兄弟で兄と弟がいるそうです。お兄さんと弟さんも朝乃山の優勝を心から喜んでいるでしょうね^^

朝乃山 両親

朝乃山の実家、生い立ちは?

朝乃山の本名は石橋広暉といいます。富山県富山市出身です。実家のことはあまり情報はないですが、男3人兄弟ということでにぎやかな家庭だったのではないでしょうか。貴景勝の実家のようにすごいお金持ちの家とかではなさそうですね。

朝乃山は3700gで誕生し、幼少期から体を動かすのが好きだったそうですよ。

小学4年からハンドボールを始めたそうです。それと並行するかたちで相撲も始めたそうです。幼少期の写真とかをみるとガタイがこの頃から良かったみたいですね。

中学に進学後、ハンドボール部の厳しい練習に耐えられずに相撲部に入部したそうです。相撲部もハンドボール部以上に厳しい練習だったそうですが、稽古に励み続けて中学3年次には全国都道府県中学生相撲選手権大会に出場しています。

厳しい練習を乗り越えて成果を出せたのでモチベーションも上がったのではないでしょうか。しかし、このときに負傷してしまったことで相撲を辞めることも考えたそうです。

しかし、富山県立富山商業高等学校相撲部監督の浦山英樹氏に勧められて、この高校に進学したそうです。この方がいなければきっと今の朝乃山はいなかったのでしょうね。

大学は近畿大学に進学しています。大学で順調に成長していき、2015年の国体で富山県の代表として出場し、団体優勝するなど活躍していきました。大学時代には個人タイトルを7つ獲得したそうです。かなりの実力者だったのでしょうね。

その後、近畿大学OBの若松親方(元幕内・朝乃若)の勧誘をうけて相撲界に入りました。

大学出身の力士は活躍するのが難しいとも言われていますが、朝乃山は順調に番付をあげていき、2017年3月場所で十両昇進を果たしました。

そして、令和になって初となった夏場所で12勝3敗で優勝を決めました。平幕優勝ということで本当にすごいことですね。白鵬とか貴景勝とかが休場していたとはいえ、立派な成績ではないでしょうか。相撲の内容もよかったと思いますし、これからさらに成長していきそうですね。

Sponsored Link

朝乃山の性格は?

朝乃山の性格は温厚でおだやかな性格をしているみたいですね。

笑顔も素敵で地元の人気とかもすごくてファンに愛されているそうですよ。実家に帰ると風呂が狭いということでスーパー銭湯にいくそうですが、そこで、ミニ握手会のような感じになるそうですよ。地元の朝乃山への愛はすごいみたいですね。

地元では号外とかもでるようですし、地域をあげて応援してるそうですよ。今回の優勝で地元は大盛り上がりでしょうね。

謙虚で性格もよくて、明るい性格をしているようですし、これからも多くのファンに愛されてる力士になっていきそうですね。上位陣が年齢的に衰えが見えているきがいますし、今後、さらに実力をつけていけば大関、横綱になれる可能性もあるのではないでしょうか。

今後の相撲界を引っ張っていくような力士に成長していってほしいですね。



 - 相撲 , , , , ,