【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

大迫敬介の中学、高校はどこ?学生時代の成績、エピソードを調査!

<Sponsored Link>

   

サンフレッチェ広島に所属する若いGKの大迫敬介選手が日本代表入りしましたね!

日本代表では長いこと川島選手が活躍していて、なかなか若いGKが育っていなかったようですが、大迫敬介選手は今後、日本代表の正GKになれるだけの素質があると言われてるみたいですよ。

今回は大迫敬介選手の学生時代のことなどについて調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

大迫敬介の中学、高校はどこ?

大迫敬介選手は鹿児島県出水市出身で1999年7月28日生れの19歳です。19歳で日本A代表入りってすごいですよね!久保建英選手もA代表に入っていましたが、こういう若い選手がどんどん登場してくるとなんかわくわくしますね^^

大迫敬介選手は身長186cmで体重86kgです。川島永嗣選手は身長185cm体重82kgとのことなのでサイズ的には同じ感じですね。

大迫敬介選手は鹿児島で生れて中学時代には鹿児島で過ごしていたそうですよ。出身中学は鹿児島県の出水市江内中学校です。高校は広島県立吉田高等学校です。この学校の偏差値は41ということなのであまり高くないですね。

ただ、サッカー部がものすごい強いということで有名なんだそうです。大迫敬介選手は高校で広島ユースに所属していましたが広島ユースはこの学校にユース選手を所属させているそうです。この学校の卒業生には多数のプロサッカー選手がいて、駒野友一選手、柏木陽介選手、槙野智章選手といった日本代表経験のあるすごい選手も多数輩出しているそうですよ。

19歳で日本代表入りしたということで中学、高校もすごいんだろうなと思っていましたが、予想通りすごいですね^^

大迫敬介 中学 高校

大迫敬介の学生時代の成績エピソードは?

大迫敬介選手は学生時代からすごい選手だったそうです。小学校低学年のときからずっとGKをしていたそうです。中学3年のときにはU-16の日本代表に選出、代表として国際大会に出場し、活躍しました。

このときからすでに世界で戦う覚悟とかをしっかり持っていて、オリンピックやW杯に出場したいという強い思いがあったそうですよ。高校卒業後もU-17からU-20まで毎年代表に選出され、活躍しました。世界各地を遠征してまわって、国際経験も豊富にあるようですね。

高校2年のときには高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグWESTに出場、チームの守護神としてゴールを守り、優勝に大きく貢献したそうです。中学、高校時代の具体的な成績の情報は見つからなかったのですが、ずっとU世代の代表に選出されていてかなりすごい経歴ですし、実力があったのは間違いないですね。

Sponsored Link

大迫敬介の特徴は?

大迫敬介選手は2017年3月にサンフレッチェ広島と契約しています。その後、すぐに活躍してきたのかなと思ったのですが、そういうわけではなかったようです。

最初のころは2軍登録選手としてJリーグへの出場はなかったそうです。Jリーグに初出場したのは契約から2年ほどたった2019年2月です。それからはサンフレッチェ広島の正GKとして活躍し、日本代表にも選出されました。

起用当初はたまに不安定で危ないところもあったそうですが、経験を積むことで安定感が増し、チームメイトも安心してゴールを任せられる選手に成長していったそうです。

大迫敬介選手の特徴としては、メンタルの強さというのがあるそうです。常に平常心でいることができて、メンタルが安定していて強いらしいです。ミスをしたりすると引きずることもありそうですが、メンタルが強いということでそういうこともなさそうですね。

GKは精神力が必要と言われていますよね。ゴールを奪われると批判もされるでしょうし、そういう批判とかにも動じないメンタルの強さは必須なんでしょうね。

あとは大迫敬介選手はキャッチングがうまくてハイボールにも強いそうです。ハイボールの処理をミスると失点に直結しやすいということでGKにとってはかなり重要な技術なんだそうです。

大迫敬介選手は吸収力とか修正力も高く、試合を重ねるたびにどんどん成長していき、安定感もでてきているそうですよ。まだ若いですがかなり評価も高いそうですし、A代表でもこれからどんどん活躍していきそうですね。

日本代表の守護神としてこれからさらに成長して活躍していってほしいですね。



 - サッカー , , , ,