錦織圭のチョレイの意味と理由とは?なぜ、サインで書いたの?

<Sponsored Link>

   

2019全仏オープンの試合で錦織圭選手が活躍していますね。

4回戦のペール選手との対戦に勝利してい、逆転でベスト8進出を決めました!ものすごい死闘だったということでネット上でも盛り上がっていたようですね。

試合も白熱の展開で盛り上がったようですが、ネット上では錦織圭選手の試合後のサインに関しても盛り上がっていたようです。今回はこの錦織圭選手のサインについて気になったので調べてみました。

Sponsored Link

錦織圭のチョレイの意味と理由とは?

錦織圭選手は4回戦のペール選手との死闘を繰り広げて見事勝利を飾りました!

そして、この試合のあとにカメラに向かってサインを書きました。いつもなら、名前を書くわけですが、このときはなぜか「チョレイ」と書いていました。なぜ、チョレイなのかとネット上でも話題になっていました。

チョレイというのは卓球の張本智和選手が点をいれたときなどにする雄たけびですね。「チョレイ!!」と叫んでガッツポーズするのが話題になっていましたよね。

張本智和選手の両親は中国人ということで中国語なのかなと最初思っていたのですが、とくに中国語というわけではなく、チョレイという言葉時代に意味はないみたいです。

あまり意識することなく、自然に叫んでいて、そのときの音が周りから「チョレイ」って聞こえるだけらしいです。

張本智和選手のチョレイについてはネット上で賛否両論があったということで最近はすこしこの雄たけびをあげる機会が減っているみたいですね。これはガッツポーズが派手すぎるということで関係者から注意されたことも影響してるようです。たしかにちょっとあればやりすぎな気もしますからね(^^;

卓球の場合は、けっこう雄たけびとかありますが、テニスもガッツポーズで雄たけびを上げることがありますよね。卓球とテニスは1対1の対戦ということでガッツポーズとか雄たけびで相手を委縮させる効果とかもあるのかもしれませんね。

錦織圭

錦織圭はなぜチョレイとサインで書いたの?

錦織圭選手がなぜ、チョレイと書いたのかですが、本人が会見で

「気分的にチョレイって気分だった(笑)。本当は張本くんの一番いい時のガッツポーズみたいな海老反りみたいなのをしたかったんですけど、まったく元気がなかったのでそれはできなかったんですけど、個人的にあのガッツポーズが好きなんで、ああいう気分でした」

と答えたそうです。ものすごい死闘で勝利できたことが本当にうれしかったのでしょうね。喜びを体全体で表したかったけど、体力の限界でそれができなかったということで、かわりにサインとして今の感情を書いたということみたいです。

錦織圭選手があの海老反りみたいなガッツポーズが好きというのもちょっと意外ですね(笑)

ぜひとも全仏で優勝し、そのときにあのガッツポーズを決めてほしいですね(^^;

ネット上を調べていたらほかの意見もありました。

テレ東への皮肉だったのではないかという人もいるみたいですね。あとは対戦相手がちょろいという意味でチョレイと書いたのではと、うがった見方をする人も一部でいたそうです。あんだけの激闘を繰り広げた相手をけなすようなことを錦織圭選手するわけないでしょうし、これはないでしょうね。

あとは2019年6月4日から6月9日まで卓球の香港オープンが開幕ということで張本選手にエールを送ったのではないかともいわれているようです。この可能性はあるかもしれませんね。

Sponsored Link

錦織圭と張本智和の関係は?

今回の件で錦織圭選手と張本智和選手に交流とか関係性があるのかなと思ったのですが、とくに親しいというような情報はありませんでした。

競技も年齢も違っていて、あまり共通点がないようですし、仲がいいというわけではなさそうですね。ただ、競技は違えど、それぞれの競技で世界トップクラスの選手として活躍していますし、同じアスリートとしてお互いに対するリスペクトとかはあって刺激とかは受けているのではないでしょうか。

錦織圭選手も張本智和選手も日本を代表するトップアスリートですし、これからも頑張って世界を相手に活躍してほしいですね。これからも二人の活躍を応援していきたいと思います^^b



 - スポーツ , , , , ,