【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

奥川恭伸の球種、球速は?どんな性格、特徴をもった選手?

<Sponsored Link>

   

いよいよ8月6日から始まる第101回全国高等学校野球選手権大会。高校野球ファンの方はもうすでにわくわくしているのではないでしょうか?実際私も今年はどんな熱い試合が見れるのかすごく楽しみです!

 

そんな高校野球、毎年ドラフト指名候補と言われる選手がいますが今年もすでに注目選手がいます。その注目選手のうちの1人、奥川恭伸選手。みなさんこの選手の名前聞いたことありますか?

 

奥川選手、実は相当凄い選手なのです。この選手を知っておくとさらに高校野球が楽しくなりますよ。ということで今回は、星陵高校3年 奥川恭伸選手の球種や球速。さらには性格、特徴といったところまでご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

奥川恭伸の球種、球速は?

奥川選手は石川県出身、星陵高校3年生、2001年4月16日生まれの18才。身長183センチ。体重は82キロ。右投げ右打ちの選手です。ポジションはピッチャーです。

 

小学校3年生から野球を始め、中学校3年生で全国制覇、さらに2018年には高校2年生で唯一侍ジャパンU-18に代表入りしアジア選手権で銅メダルを獲得しています。経歴だけでもうすごいのが伝わりますよね(^^)/

 

球種はストレートのほかスライダー、フォークボール、チェンジアップの変化球をあわせた4種類を使えます。

 

そして驚くのは、その球速。今年の夏の石川県大会予選三回戦でだしたのはストレートで自己最高記録のなんと158キロ
158キロ… 私にはもはやどれくらいの速さかわからない…σ(^_^;)

 

ですが今158キロということはもしかしたら甲子園で160キロみれるのではないでしょうか?というかここまできたらもう見たいですよね。(笑)

 

そんな驚異のスピードで投げられる奥川選手。しかし驚くのはまだ早い!スピードもさることながらコントロールも凄くいいんです。その証拠に春の選抜大会1回戦では17奪三振。夏の石川県予選3回戦では6者連続三振と快投しています。

 

球速も速い、コントロールもいいとなるとそりゃドラフト候補になりますよね。さぁ今年の夏はどれほど凄い球速と奪三振数をみれるのでしょうか?この紹介をしながらすでに私はこの夏の楽しみになってきました!

奥川恭伸

奥川選手はどんな性格、特徴をもってる?

さきほど球速や奪三振数などを書きましたがこれだけ凄い記録を残せるのは、才能だけでしょうか?もちろん才能もあってこそだとおもいますがやはり日ごろの練習の賜物だとおもいます。

 

いったい奥川選手はどんな練習をしているのでしょうか?調べてみるとちょっと変わった練習法をしているそう。その練習とは通学の際利用している電車でバインダーのクリップをつかむ練習。通学電車なんて本来寝るのが醍醐味だと感じるわたし…ダメですね(笑)

 

どんな時間でも野球を考え、自己流で練習を日々続ける真面目さや努力が彼の能力と化していくのでしょうね。わたしも見習いたいです!同級生からの評判もよく、「偉ぶることなくつねに笑顔。」「チームの雰囲気を作ってくれる。」など謙虚でまわりに目を配れる方なんだと感じられます

 

野球ができて性格もいいとは完璧なおとこですね~。(*´∀`*)こりゃ~この夏かなりモテそうです。

 

Sponsored Link

奥川選手の特徴といえば、フォーム。ステップ幅が小さいということ、それからワインドアップからの投球の際1度ボールをグローブでリズムを取るというところ。リズムを取るということが彼の投球やコントロールのよさに繋がっているのではないかなと個人的には考えます。

 

また打者によって細かく投球を変え、なおかつ四球もほとんど出さない技術力の高さは圧巻です。そして奥川選手、笑顔を絶やさないということも特徴的です。どうやら常に笑顔でいることで観客やいろんな人を味方にできる。野手にも安心感を与えられると考え笑顔を心がけているようです。

 

星陵高校はメンタルトレーニングも重視している学校なため、そういった精神力も培われているんでしょうね。さて今回ご紹介した奥川恭伸選手。いったいこの夏どんな試合を見せてくれるのか、そしてドラフトでは名前が呼ばれるのか 早くも期待ですね!

 

みなさんもこの夏高校野球をみて一緒に熱くなりましょう。



 - 野球 , , , , ,