渋野日向子の中学、高校はどこ?学生時代から成績がすごかった?

<Sponsored Link>

   

女子ゴルフの渋野日向子選手が注目を集めています。全英女子オープンでものすごい活躍を見せて、海外でも話題になっているそうですよ。私は最近、渋野日向子選手のことを知ったのですが、かなりすごい方のようですね。

 

今回は渋野日向子選手についてどんな方なのか、学生時代のことなどを中心に調べてみたので紹介していきます。

 

Sponsored Link

渋野日向子の中学、高校はどこ?

渋野日向子選手は岡山県岡山市出身で1998年11月15日生まれの20歳です。まだ20歳ですが、海外で大活躍していて、本当にすごいですね^^。もうすぐ東京五輪ですし、楽しみな選手が出てきましたね。こういう若い選手が活躍するとほかの日本選手にとっても刺激になりそうですね。

 

渋野日向子選手の両親はゴルフ選手だったのか気になったのですが、両親はゴルフの選手ではなく、投擲選手だったそうですよ。父が円盤投で母がやり投だったそうです。両親がアスリートだったということで身体能力は渋野日向子選手も高そうですね。

 

渋野日向子選手は三人姉妹で二女なんだそうです。姉妹に関する情報はあまりないようですが、女の子3人だと明るく賑やかで楽しそうですね。渋野日向子選手は美人でかわいいって言われていますし、きっと姉妹もかわいくて美人姉妹なんて近所で話題になっていたりしたのではないでしょうか(^^;

 

ゴルフを始めたきっかけは友人の父親だったそうです。友人の父がインストラクターをしていたことがきっかけでゴルフに出会い、始めたそうです。同時期にソフトボールも始めたそうなので、運動が好きで活発な幼少期だったのでしょうね。

小学校は岡山市立平島小学校に通い、中学は岡山市立上道中学校、高校は岡山県作陽高等学校に通っていました。

渋野日向子

渋野日向子は学生時代からすごかった?

渋野日向子選手は中学では軟式野球部に入り、野球とゴルフを並行していたそうです。しかし、野球部の監督からゴルフ一本で行ったほうがいいのではとアドバイスを受けてゴルフの専念することにしたそうです。やっぱり女性だと野球は道が限られていますし、なかなか難しいとこの監督さんも感じていたのでしょうね。

 

女子野球選手と女子ゴルファーで年収もかなり違うだろうし、渋野日向子選手の将来を思ってアドバイスしてあげたのではないでしょうか。結果的にゴルフ一本に絞ったことで海外でも活躍できる選手になれたわけですし、よかったですね。

 

中学時代には岡山県ジュニアゴルフ選手権で優勝するなど実力を発揮し、順調に成績を伸ばしていったそうです。この岡山県ジュニアゴルフ選手権は中学時代に3連覇したそうなので、この頃からかなりの実力があったようです。

 

高校は岡山県作陽高等学校に進学し、「中国女子アマチュア選手権」で優勝、さらに2015年には「全国高等学校ゴルフ選手権大会」の女子団体で優勝しています。全国の高校が集まる大会で優勝したということで本当にすごいですね。やっぱり、学生時代からトップでかなり優秀な成績を残してきたんですね。

 

しかし、ずっと調子よく活躍してきたわけではなく、スランプのようなことも経験したそうです。地方大会では優勝できても全国の大きな大会では成績を残すことができずに自信を失った時期もあったそうです。プロになる自信も無くしていたときもあったそうです。

 

そんなときにゴルフ部の監督に相談したところ、「お前が(プロの)テストを受けないで、誰が受けるんだ」と言ってもらえて、プロのテストを受けることを決めたそうです。やっぱりこういう精神的にも支えてくれる指導者の存在というのは大事ですよね。

 

高校卒業後の最初のプロテストは残念ながら不合格となりましたが、2回目のテストで合格し、晴れてプロフゴルファーとなりました。

 

その後、プロとして活躍し、2019年5月のLPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」では見事優勝を決めました。この大会では大会史上最年少優勝記録を更新したそうです。

 

7月にはLPGAツアー「資生堂 アネッサ レディスオープン」で優勝し、ツアー2勝目をあげました。学生時代からすごかった選手ですが、プロになってからも一気に成長して成績をどんどん伸ばしているみたいですね。

Sponsored Link

渋野日向子のキャディーは誰?

門田実さんという方がキャディーをしているそうです。門田実さんは49歳の男性で、4月の「フジサンケイレディスクラシック」ではじめてタッグを組んで以来、抜群の愛称の良さで安定した成績を残しています。

 

門田実さんはあまり積極的にアドバイスはせずに寄り添っていくというスタイルなんだそうです。親子ほど年齢が離れていますし、きっと渋野日向子選手の精神的な支えになっていたのでしょうね。

渋野日向子のプレイの特徴は?

渋野日向子選手は笑顔でプレイするのが特徴と言われているそうです。昔は、調子が悪いとむすっとしたり、不機嫌な感じを表に出してしまっていたそうですが、その様子を見ていた父親から「あんまり見ていて気持ちよくない」と言われてしまったそうです。

 

その言葉をきっかけに態度を改めるようになったそうです。日向子という名前がひまわり(向日葵)のように明るく育ってほしいという願いが込められていたということもあり、笑顔でプレイするように心がけるようになったそうです。

 

明るい笑顔でプレイすることで失敗を引きずらずに精神的にも安定してプレイできるようになって、成績も伸びたのかもしれませんね。ゴルフってメンタルが大事らしいですから、こういう心のもちようも大事になってくるのでしょうね。

 

プレイの特徴としては攻撃的なスタイルで強気のプレイが多いそうです。ドライバーの飛距離はそれほど突出したかんじではないそうですが、パットがかなり上手いといわれています。平均パット数が国内女子ランキングで3位なんだそうです。

 

パットがうまいと成績が安定して、さらにドライバーの飛距離が伸びたり精度が向上するとさらにスコアが伸びるのではと言われいてるそうです。伸びしろもまだたくさんあるみたいですし、本当に今後が楽しみな選手ですね。

 

東京五輪でも活躍が期待されそうですし、今後の渋野日向子選手から目が離せませんね^^

 



 - ゴルフ , , , ,