【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

岡本碧優の経歴、プロフィールは?両親はどんな人?兄弟はいる?

<Sponsored Link>

   

2020年の東京オリンピックで新しい競技として採用されたスケートボード。新しく採用された競技だからこそ、どういった選手がいるのかな?と思う人も多いですよね!

 

実は、このスケートボードの東京五輪代表候補に12歳の選手が候補者となったんです!それは、岡本碧優(おかもと みすぐ)選手です。まだ12歳の岡本碧優選手ですが、JSFパークスタイルコンテスト2019で優勝しました。

 

年上の選手ばかりの中で優勝するだなんてすごいですよね!そんな岡本碧優選手ですが、一体どういった経歴の選手なんでしょうか。そして、両親や兄弟についても紹介いたします!

Sponsored Link

岡本碧優の経歴やプロフィールは?

岡本碧優選手は、愛知県高浜市出身で2007年生まれの中学1年生です。誕生日は公表されていないんですが、中学1年生ということなので今年度13歳になるんですね。出身は愛知県ですが、現在は岐阜県に住んでいます。

 

身長141cm、体重36kgと小柄な岡本碧優選手ですがスケートボードの得意技は、エアというコースの縁からジャンプをする技なんです。小さな体ですが、パワフルな滑りを披露し注目を集めている選手なんですね!

 

岡本碧優選手がスケートボードを始めたのは小学2年生のときです。お兄さんが元々スケートボードをやっていたんだそうで、そのお兄さんの影響でスケートボードを始めんだそうですよ。小学2年生でスケートボードを初めて約4年で、五輪予選対象大会で優勝・・・素晴らしいです!

 

小学生のころから多くの大会へ出場しており、国際大会でも大技を披露するなどスケートボード界ではちょっとした有名人だったそうですよ。

岡本碧優 経歴 プロフィール

実は、岡本碧優選手が所属しているのはProshop Bellsというところなんですがこの所属先にはアジア大会で優勝し、男性選手の中で有望選手といわれている笹岡健介選手も所属しているんです。

 

この笹岡健介選手のお兄さんが開いているスクールなんですが、ここに通うために岡本碧優選手は中学校入学のタイミングで親元を離れ愛知県から岐阜県へ引っ越し、佐々岡健介選手の実家へ下宿し新生活をスタートしました。

 

まだ中学1年生の岡本碧優選手。この決断力は中々マネできるものではありません。そして、親元を離れスケートボードに打ち込んでいる岡本碧優選手は2019年に行われた五輪予選対象大会で優勝!という快挙を成し遂げたんですね。

Sponsored Link

岡本碧優の両親ってどんな人?兄弟はいるの?

岡本碧優選手の両親についての情報は公表されていないんですが、岡本碧優選手が岐阜県で下宿しているという事で、両親は岡本碧優選手の出身地でもある愛知県高浜市に住んでいるのではないでしょうか。

 

中学1年生の娘をスケートボードのために送りだす・・・まだまだ一緒に生活していたい!という思いもあったのではないでしょうか。そんな中で、娘のやりたい事のために親元から送り出すことを決断するとても理解があり、娘のことを応援している!というのは伝わってきますよね。

 

そして、岡本碧優選手の兄弟ですが兄の影響でスケートボードを始めたと語っているのでお兄さんがいることは間違いありません。

 

ただ、メディアなどで名前を聞くことはありませんし一切情報を公表しているわけではないので有名選手というわけではなさそうです。趣味としてスケートボードを楽しんでいるのかもしれませんね。

 

岡本碧優のスポンサーはどこ?

中学生ながら世界トップクラスの実力を誇っているということで今後さらに、岡本碧優選手への注目は集まっていきそうですね。これだけ有名になってくるスポンサーもついていきそうですよね。

 

現在、スポンサーがついてるのか気になったのですが、現時点ではスポンサーに関する情報はありませんでした。今後、東京五輪が近づけばスポンサーがつく可能性は十分にありそうですね。

 

スケボー女子は日本選手が強い選手がそろっているようですし、メダル独占の可能性もあるといわれているようですし、本当に楽しみですね。

まとめ

まだ12歳の岡本碧優選手はこれからどんどん成長し、伸びていく選手です。あの小さい体からは想像もできないほどの大技を披露する姿・・・もしかしたら、2020年の東京オリンピックでも観ることができるかもしれませんね!

 

これからの活躍を楽しみにしています!



 - スポーツ , , , ,