【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

竹石尚人は留年した?理由は箱根駅伝への再挑戦?生命保険会社の内定を辞退?

<Sponsored Link>

   

2020年令和初の箱根駅伝は青山学院大学が見事優勝を決めましたね!私も見ていましたが、本当にすごい走りでした!

 

青山学院大学に在籍している竹石尚人選手ですが、残念ながら足の負傷の影響もあり、この2020年の箱根駅伝のメンバーには入ることができませんでした。

 

竹石尚人選手は4年生ということで進路が気になるところですが、留年するという噂もあるようです。今回は竹石尚人選手の留年の噂などについて調べてみました。

Sponsored Link

竹石尚人は生命保険会社の内定を辞退した?

竹石尚人選手は実力のある選手であり、2020年の箱根駅伝でも直前までメンバー入りすると予想されていました。しかし、怪我の影響があり、思うようなパフォーマンスを発揮できないと思い、監督に対して、「正直しんどい。僕よりも下級生の選手を使うべきです」と話して、自らメンバーから辞退するということを直訴したそうです。

竹石尚人

竹石尚人選手もかなりつらかったでしょうね。これまで頑張ってきて最後の最後の箱根駅伝という思いも強かったでしょうしね。自分が走ることでチームに対して足を引っ張てしまうという思いもあったのではないでしょうか。

 

竹石尚人選手は大学を卒業後は競技を辞めるということを決断していたらしく、実際に大手生命保険会社の内定をもらっていたそうです。ちなみにこの生命保険会社がどこなのかという情報はありませんでした。

 

就職先の内定をもらっていましたが、その後、気持ちが変わって陸上競技を続けたいという思いが強くなっていったそうです。

Sponsored Link

竹石尚人は留年した?理由は箱根駅伝への再挑戦?

竹石尚人選手は陸上を続けたいという思いが強くなり、実業団への就職も考えたそうです。しかし、多くの実業団のチームですでに入社する学生が決まっていて竹石尚人選手が入社できるチームがなかったそうです。

 

そこで、竹石尚人選手は青山学院大学を留年して、来年、実業団入りを目指そうとしているようです。

 

箱根駅伝に挑戦したいから留年するというわけではなく、陸上競技を続けて実業団入りしたいから、青山学院大学でもう1年陸上競技を続けて選手としてのレベルアップを図りたいということなのではないでしょうか

竹石尚人は留年して2021年の箱根駅伝を走れる?

留年しても箱根駅伝は走れるのかなと気になったのですが、箱根駅伝の出場は登録を含め4回までと決まっているそうです。竹石尚人選手の場合は2、3年のときにメンバーに入っていて、まだ2回しか出場していないということで、留年して2021年の箱根駅伝に出場することは可能なんだそうです。

 

実際のところ、過去にも東洋大の五郎谷俊選手などが留年して5年生として箱根駅伝に出場したことがあるそうです。そういえば、2020年には筑波大の医学部5年生である川瀬宙夢選手が話題になっていましたね。

 

留年したりして箱根駅伝を走るのは特に問題ないようですね。

 

竹石尚人選手は最後の箱根駅伝に走れなかったということで悔いが残っているようですし、実業団で続けるためにも青学でもう1年練習を積んでいくのが最善だと考えたのでしょうね。竹石尚人選手は実力がある選手ですし、青学にとってはかなり心強い存在ではないでしょうか。

 

竹石尚人選手はイケメンで女性ファンも多いですし、竹石尚人選手の姿をもう一度箱根駅伝で見たいというファンは多いはずですし、喜んでいる方も多そうですね♪

 

留年することについてはいろんな意見がありそうですが、個人的には目標をしっかり持って頑張るというのはすごいことだと思いますし、いいと思いますね。さらに力をつけていけば、来年は強い実業団からも声がかかると思いますし、頑張ってほしいですね^^

 

竹石尚人選手の今後について書いてきましたが、留年するのではと報道があってから続報がないようです。今後、状況が変わる可能性もありそうなので、続報があれば追記していきます。



 - 駅伝 マラソン , , , , ,