ダリア・ビロディドが美人で私服もかっこいいし、かわいい!スタイルもヤバイ!

<Sponsored Link>

   

若くて強い美人柔道家のダリア・ビロディドさんが話題になっています。

2018年世界柔道選手権、女子48キロ級で史上最年少で優勝し、そのルックスの良さと強さに世界中から注目されているそうです。

ダリア・ビロディドさんはまだ17歳とのことです。17歳で世界一ってすごいですよね。今回はダリア・ビロディドさんについていろいろ調べてみました。

Sponsored Link

ダリア・ビロディドが美人で私服もかっこいいし、かわいい!

ダリア・ビロディドさんは本当にモデルさんのようなルックスをしていますね。日本でも美人アスリートといわれる人はたまにいますが、やっぱり欧米系の人と比べるとちょっと見劣りしてしまう感じもしますよね。

ダリア・ビロディドさんの場合は、欧米の選手のなかでも抜群のルックスだし、まだ若くて実力もすごいということで今後さらに人気が爆発しそうですね。

ダリア・ビロディドさんの私服とかもかわいいんだろうなあと思って検索してみたところ、予想通り可愛らしくて、かっこいい私服もたくさんありました。

本当にスタイルもいいですし、素敵ですね。

ダリア・ビロディド

ダリア・ビロディド

ダリア・ビロディド

ダリア・ビロディド

ダリア・ビロディド

ダリア・ビロディドの経歴は?

ダリア・ビロディド(Daria BILODID )さんはウクライナのキエフ出身です。ウクライナは美女が多いことでも有名ですよね。

ダリア・ビロディドさんの身長は172㎝で階級は48kg級です。172cmもあるのに48kg級というのはだいぶ細いですよね。同じ階級の渡名喜風南さんはで148cmで48kg級なのでかなりの身長差ですね。

身長が大きいほうが有利というわけではないと思いますが、これだけ身長差があると渡名喜風南選手はやりにくいでしょうね。

実際にダリア・ビロディド選手は日本人キラーともいわれていて、日本人選手はなかなかダリア・ビロディド選手に勝てないそうです。

ダリア・ビロディド選手は6歳のころから柔道を始めたそうです。父親は2005年の世界選手権73kg級で3位となったゲンナジー・ビロディド氏で父親の影響があったようです。

8歳の頃にはヨーロッパの国際大会にも出場するようになり、活躍していったそうです。2015年には世界カデで優勝し、2017年には史上2番めの若さで欧州選手権にも優勝しています。その後も数多くの大会で優勝し、そして2018年史上最年少で世界柔道選手権の優勝を果たしました。

この階級では絶対的な強さを誇っているようですし、東京五輪では日本選手にとって最大のライバルになりそうですね。

Sponsored Link

ダリア・ビロディドが強い理由とは?

ダリア・ビロディド選手がこれほどまで強い理由というのはなんなのでしょうかね?

いろいろ検索してみると手足の長さとか体幹の強さとかもあるみたいです。バキバキに腹筋が割れていて、体も強く手足が長いので相手選手はわざをかけにくいみたいです。

ダリア・ビロディド選手は日本選手とも稽古しているので、日本人選手の特徴も掴んでいるため、試合でもその稽古での経験が活きているようです。

ダリア・ビロディド選手は過去にはモデルの誘いもあったそうですが、柔道に専念するために断ったこともあるそうです。柔道に対する熱い思いとかもありそうですし、柔道選手だった父親が叶えられなかった五輪のメダルへのモチベーションとかも高いのでしょうね。

美人でスタイル抜群で強いということでダリア・ビロディド選手は今後、世界的に注目されていきそうですし、同じ階級の渡名喜風南選手は苦戦しそうですね。

渡名喜風南の経歴、プロフィールは?両親や兄弟、彼氏についても調査!

今後も二人のライバル関係は続きそうですし、これからどんな勝負を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。



 - 柔道 , , , , , ,