東妻勇輔の経歴、特徴、球種、球速は?欠点、不安材料はある?

<Sponsored Link>

   

日本体育大の東妻勇輔選手はパワフルな投球が持ち味の本格右腕ということで2018年ドラフトの注目選手となっています。

今年は甲子園が例年以上に盛り上がりを見せて、高卒の選手がドラフトの目玉になりそうですが、大卒選手でもいい選手が揃っていて、東妻勇輔選手もその中のひとりといえそうですね。

上位から中位あたりでの指名が予想されている選手で実力もかなり高いそうです。今回は東妻勇輔選手がどんな選手なのか紹介していきます。

Sponsored Link

東妻勇輔の経歴、プロフィールは?

東妻勇輔(あづまゆうすけ)選手は和歌山県和歌山市出身で1996年4月4日うまれの22歳です。右投げ右打ちで、身長は170cmで体重は83kgです。ヤクルトの小川泰弘投手や巨人の田口麗斗選手が171cmなので野球選手としてはだいぶ小柄ですね。

東妻勇輔選手は小学2年のときに紀伊少年野球クラブで野球をはじめたそうです。中学校は和歌山市立紀伊中学校に進学し、興紀ボーイズに所属しました。

中学時代にはジュニアオールジャパン(NOMO JAPAN)に選出されてアメリカ、ロスの遠征を経験したそうです。NOMOJAPANはメジャーで活躍した野茂英雄さんが総監督を務めていて、全国の有力なボーイチームのメンバーを選抜してつくられるチームなんだそうです。

このチームに選ばれたということで東妻勇輔選手は中学生のときから同年代の中で実力もあったみたいですね。中学で海外遠征を経験したということできっとすごい財産になったのではないでしょうか。

中学を卒業後は智辯和歌山高校に進学しています。智辯和歌山高校は甲子園の常連高校ですよね。春夏ともに優勝経験があり、30年の夏の甲子園までで甲子園通算61勝32敗という成績を残しているそうです。

東妻勇輔選手はそんな強豪チームで2年秋からエースの座を勝ち取ります。秋の県大会では主にリリーフとして登板し、県大会優勝、近畿大会準優勝に貢献しました。春の選抜1回戦ではリリーフとして登板しました。延長15回にサヨナラ暴投をしてしまい負けてしまいました。

高校卒業後は日本体育大学に進学しています。日本体育大学野球部は元ロッテの小林雅英選手などの出身大学としても有名で強いチームですね。

東妻勇輔選手は2年の春からリーグ戦に出場しています。しかし、2年の夏に右肩と右肘を傷めてしまいました。その結果、2ヶ月ほど投げられなかったそうです。

そのあいだはウエイトトレーニングをして、結果的にパワーがついて球速が早くなったそうです。3年の春からは先発として抜群の安定感をほこり、防御率1.11で最優秀投手に選ばれています。

3年の秋にも4勝(2完1封)1敗でMVPを獲得していて、素晴らしい実積を残しています。ちなみに3年の秋にはノーヒットノーランも達成しています。

試合を作れる投手ということで2018年のドラフトでも注目の選手となっています。

東妻勇輔 特徴 球種 球速

東妻勇輔の球速、変化球の球種は?

東妻勇輔選手の最高球速は155キロです。小柄ながら腕の振りもよく、キレのあるストレートが武器となっています。

変化球の球種はスライダー、スプリット、カーブ、シュートです。全身を使ったフォームで気迫のあるピッチングがもちあじで、ストレートとスライダーを中心に投げることが多いようです。スライダーは変化も大きく、キレもあるのでプロでも通用すると言われているそうです。

Sponsored Link

東妻勇輔の特徴は?欠点、不安点はある?

リリーフ時には150キロだいの速球を投げることができ、先発でも試合を作ることが出来る安定感が魅力の選手といえそうです。力のあるストレートで三振も奪えるのでリリーフとして即戦力になりそうですね。

ただ、欠点もいくつかあります。まず、コントロールにばらつきがあるというのもあるようです。ストレートや変化球が高めに抜けてしまうこともあるのでこの辺は課題と言われています。

ただ、本人もコントロールが課題というのを分かっているようです。それでも四球をだそうが腕を振って押していくのが自分の投球スタイルということでとにかく腕を振っていくというのことを大事にしているそうです。

あとはフォームがダイナミックで時間をかけて投げるということでクイックが苦手なのではという意見もあるようです。セットポジションになると球速も下がるのでランナーがでたときが課題といえそうです。

東妻勇輔のドラフトの評価と指名予想球団は?

東妻勇輔選手についてはドラフトも非常に高く評価しているようです。最速155キロというのは魅力的ですし、球威のあるストレートは即戦力にもなりそうなので、リリーフ投手がほしい球団にとっては魅力的な選手ではないでしょうか。

いまのところ、中日、ソフトバンク、ロッテあたりが興味を示しているそうです。1位から3位あたりには指名を受けて消えそうですね。

今年のドラフトは盛り上がりそうだし、楽しみですね。

 

東妻勇輔選手と同じ日体大の松本航選手もドラフト上位候補として注目されています。この選手についての記事も書いていますので興味があればこちらもどうぞ
松本航の球速、球種は?特徴と凄さ、性格は?ドラフトの評価は?

東妻勇輔選手の動画あったので見たのですが、ストレートがかなりいいですね。



 - 野球 , , , , , , ,