米倉貫太の経歴、球速、球種は?特徴や性格、ドラフトの評価は?

<Sponsored Link>

   

埼玉栄高校の米倉貫太投手はダルビッシュ2世として注目されていて、2018年ドラフトの指名候補と言われているそうです。

そこまで知名度は高くないようですが、実力があって、素質もあるということで将来性のありそうな選手ですね。

今回は米倉貫太選手について紹介していきます。

Sponsored Link

米倉貫太の経歴、プロフィールは?

米倉貫太(よねくらけんた)選手は福岡県うきは市出身で2000年8月4日生まれの18歳です。右投げ右打ちで身長184cm体重83kgです。

小学校は御幸小学校で小学3年から御幸タイガースで軟式野球をはじめています。5年から投手としてプレイするようになったそうです。

中学は浮羽中学校で浮羽ボーイズというチームに所属しています。3年の夏には県選抜のメンバーにも選出されているということで中学時代から注目されていた選手だったみたいですね。

米倉貫太選手は中学卒業後は地元の福岡の強豪校で甲子園を目指そうと思っていたそうです。

しかし、ダルビッシュ有投手に対する憧れがあり、ダルビッシュ有選手など多数の名選手を輩出した若生正廣監督に指導を受けたいと考えて、若生正廣さんが監督をしていた埼玉栄高校に進学したそうです。

若生正廣監督も米倉貫太選手の素質をべた褒めしていて、高く評価していたそうです。

米倉貫太選手は1年の夏から背番号11でベンチ入りすると秋にはエースとしてチームを引っ張る存在になりました。秋は地区予選で敗退し、2年夏も県大会の初戦で敗退しています。

2年の秋には4試合25回17安打30奪三振5失点の活躍で県ベスト8に貢献しました。3年夏の大会は4回戦敗退でした。米倉貫太選手は3年間甲子園を目指して頑張ってきましたが残念ながら甲子園出場の夢は叶いませんでした。

甲子園に出場していないためあまり知名度はありませんが、きれいなフォームで潜在能力が高いということでスカウトからも注目されてドラフトの指名候補と言われています。

米倉貫太 経歴 特徴

米倉貫太の球速、球種は?

米倉貫太選手の最高球速は146キロです。バランスのいいきれいなフォームで質のいいストレートを投げることができます。

若生正廣監督は150キロはいつでてもいいということを話しているそうですし、筋力がつけば150キロは出せるのではないかと言われているようです。フォームもきれいで無駄がないし、これで球速が上がればすごい投手になる可能性はありそうですね。

変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークなどを投げられます。米倉貫太選手は指先が器用でいろんな球種を投げられるそうです。変化球のキレもいいので奪三振率も高いそうです。

米倉貫太の特徴、性格は?

米倉貫太選手は手足が長く、体の柔らかさ、しなやかさがあってフォームがきれいということでストレートのキレもいいそうです。回転数もあって伸びがあり、変化球で緩急をつけることで三振も奪える投手といえそうです。

体幹も強そうですし、器用さもあって素質はすごい選手といえそうですね。米倉貫太選手の性格は監督曰く、「優しすぎる」ということを言っていました。ちょっとおとなしい優等生タイプという感じみたいです。

Sponsored Link

米倉貫太の欠点、不安材料は?

米倉貫太選手は精神的な面でちょっと課題があると言われているそうです。闘志を全面に押し出して投げるタイプではないということで、打たれたときに弱気になって立て直せないというときもあるようです。

絶対に打ち取ってやるという強い気持ちがこれから出るようになってくるといい投手になりそうですね。

米倉貫太のドラフトの評価、指名予想球団は?

米倉貫太選手の評価は素材としては超一流ということでそのポテンシャルに期待されているようです。ただ、甲子園に出場した経験がないということで実績不足ということもあり、上位での指名は厳しいかもしれませんね。

いまのところ、広島、ロッテ、阪神、横浜、日ハムあたりが興味をもっているようです。日ハムとかは投手の育成が上手いと思いますし、日ハム行くと活躍できそうですね。

米倉貫太選手がどこに行ってどんな選手になるのか楽しみですね。

 

高卒の投手としては次のような選手も注目されています。
引地秀一郎投手の経歴、球速、球種は?特徴、性格は?欠点、不安材料はある?

渡辺勇太朗の球速、球種、出身中学は?大谷翔平に似ているとの評価も?

市川悠太の球速、球種、評価は?出身中学、好きな球団はどこ?



 - 野球 , , , , , , , ,