お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

郡司陽大の進路、就職先は?兄弟がいて箱根駅伝に出場した?

<Sponsored Link>

   

2019年の箱根駅伝では初総合優勝となった東海大学のアンカーを務め注目を集めた東海大学の郡司陽大選手。

 

箱根駅伝に出場し活躍をした選手達が有名となり、ファンが増える!というのはよく聞きますがこの郡司陽大選手も同じように2019年の箱根駅伝をきっかけに人気選手となりました。

 

郡司陽大選手はどういった選手なんでしょうか?そして、大学生の郡司陽大選手は今後どういった進路で就職先などは決まっているんでしょうか?兄弟についても紹介いたします!

Sponsored Link

郡司陽大のプロフィールや経歴は?

郡司陽大選手は、1997年4月3日生まれで栃木県出身です。身長が161cmと男性としては小柄なんですね。長距離選手はあまり大柄な選手はいないんですが、そんな中でも郡司陽大選手は小柄な方だといえます。

 

現在東海大学に所属している郡司陽大選手は、中学生の頃も陸上部に所属しており長距離選手として、様々な大会へ出場していたんだそうです。そして、栃木県の駅伝大会では区間賞を獲得したんだそうですよ。

 

中学生だと、短距離にあこがれている子が多いのではないでしょうか。その中でも長距離を選択し、しっかりと結果を残している郡司陽大選手は、中学生の時から素晴らしい選手だったんですね!

郡司陽大

高校は、栃木県の中でも陸上の強豪校だと言われている栃木県立那須拓陽高校へ進学しました。もちろん高校へ進学した後も陸上部へ所属し、長距離選手として活躍をしていた郡司陽大選手。

 

高校在学中には全国都道府県駅伝で4区を走った郡司陽大選手は、なんと6位に入り5kmを14分29秒で走るという好成績を残しました。高校卒業後は、東海大学へ進学し2年生のときに全日本駅伝予選会関東地区予選会へ出場しました。

 

このときに、29分48秒というタイムを記録し1組7位となりました。3年生のときに出雲駅伝に出場した郡司陽大選手は5区を走り3位となりました。全日本大学駅伝にも出場した郡司陽大選手は、6区を走り2位という好成績を残しています。

 

そして、郡司陽大選手が注目された大会といえば2019年の箱根駅伝です。この箱根駅伝では10区を走りアンカーを務めた郡司陽大選手は見事東海大学初となる総合優勝に貢献したんです!

 

大学最後の年となり4年生に進級した郡司陽大選手は転倒により右足を損傷してしまったんです。1か月半もの間走ることができず、復帰した後も中々本調子を戻すことができず苦労されたんだそうです。

 

現在は怪我でトレーニングを行うことのできなかった分の遅れを取り戻すために、毎日しっかりとトレーニングに励んでいるんだそうです!

郡司陽大の進路や就職先は?

現在4年生の郡司陽大選手は卒業後にはどういった進路で、就職先はどこなんでしょうか?

 

郡司陽大選手は実業団の小森コーポレーションへ所属することを公表されています。小森コーポレーションは茨城県に練習拠点をおいており、郡司陽大選手の地元の栃木県からも近い茨城県の実業団への所属を決めたんですね。

 

小森コーポレーションは郡司陽大選手以外にも順天堂大学の難波選手も所蔵することが公表されています。

Sponsored Link

郡司陽大は兄弟がいる!?箱根駅伝に出場した!?

郡司陽大選手はお兄さんが2人いて、3兄弟の末っ子なんだそうです。1番上のお兄さんは郡司陽大選手より6歳上で駒澤大学のOBで、箱根駅伝にも出場したことがあるんだそうです!

 

8区を走り、11位という成績を残しており現在は小森コーポレーションへ所属し長距離選手として現役で活躍されています!大学が違い出場した大会が違うとはいえ、兄弟そろって箱根駅伝へ出場したことがあるだなんてすごいですよね。

 

更に、大学卒業後には郡司陽大選手も小森コーポレーションへ所属するということが公表されています。兄弟そろって同じ実業団へ所属するんですね!もしかしたら、兄弟そろって大会へ出場するなんてこともあるかもしれませんね!

 

2番目のお兄さんも大学で長距離選手として活躍をされていたんだそうですが、箱根駅伝へは出場していないんだそうです。3兄弟全員が長距離選手として活躍をしているだなんて驚きです!

まとめ

郡司陽大選手は卒業後も長距離選手として活動をするという事を表明しています。

 

お兄さんと同じ小森コーポレーションへの所属を決めた郡司陽大選手。卒業後も様々な大会で素晴らしい成績を残してくれるのではないでしょうか!郡司陽大選手の今後の活躍も楽しみです!



 - 駅伝 マラソン , , , ,