温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』

山本拓実は中学、高校時代どんな選手だった?甲子園の出場歴は?

<Sponsored Link>

   

山本拓実は中日ドラゴンズに所属しているプロ野球選手です。2017年のドラフト6位で指名されました。シーズン1年目の2018年から一軍で登板しており、2019年シーズンも数試合ながら登板を果たしました。

 

そんな山本拓実選手の学生時代の活躍ぶりはどのようなものだったのでしょうか。甲子園での活躍ぶりなども気になるところですね。今回はそんな山本拓実選手についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

山本拓実の中学生時代はどんな選手だった!?

山本拓実選手の出身地はプロ野球球団「阪神タイガース」の本拠地でもある兵庫県です。幼い頃に優勝を目の当たりにしたプロ野球の世界に魅了されプロ入りを目指していたそうです。

 

小学校に入学後すぐに野球を始め、中学生時代は「宝塚市立第一中学校」に在籍し、硬式野球リーグのチーム「兵庫タイガース」で内野手として活動していました。

当時から投手志望だったようですが当時在籍していたエースや体格などの問題もあり内野手に専念していたそうです。しかし中学最終年に運も重なり投手として登板する機会がありました。

 

憧れの投手として登板を果たし、結果も残しますますプロへの憧れが強くなっていったのではないでしょうか。次は高校進学後の成績や活動についてご紹介して行きたいと思います。

山本拓実は甲子園出場した!?高校時代の気になる主な成績をご紹介

中学校卒業後は地元兵庫県にある「西宮市立西宮高等学校」に進学しました。進学を機に本格的に投手として活動し始めます。2年時には県大会で公式記録とはなりませんでしたが「ノーヒットノーラン」も達成し投手としての自信をつけて行きました。

 

3年時には県大会で同地区の名門「報徳学園」対戦し、善戦しましたが惜しくも敗戦となります。しかしながら名門校相手の好投で注目され始め、強豪校の「大阪桐蔭」戦でも活躍し、夢のプロ入りも近づいてきました。

 

高校3年間で活躍を見せた山本投手でしたが、強豪ひしめく関西圏で惜しくも甲子園出場とはなりませんでした。しかしながら、高校からのプロ入りを諦めかけていた山本拓実選手はこの高校時代の成績が自信となり進学や社会人野球ではなく一気にプロへの道を目指すことになりました。

 

そして2017年のドラフト会議で指名され、幼い頃から夢見たプロへの道へと進むことになります。次はそんな山本拓実選手の特徴についてお話しして行きたいと思います。

山本拓実の今後は!?気になる注目ポイントなどをご紹介

山本拓実選手はプロ野球選手としては恵まれた体格とは言えないものの、150キロ近い速球が持ち味の投手です。オーバーハンドの本格派で変化球も多彩です、縦と横に曲がる変化球で打者のタイミングをずらすスタイルで今後が楽しみな投手の1人です。

 

投手力が強い「中日ドラゴンズ」から評価された山本拓実選手はプロ野球全体でも注目して見て行きたい投手の1人でもあり、年齢もまだまだ若いのでさらなる球速アップや変化球の威力を磨いてエース格として成長する可能性も十分に秘めています。

 

将来は球界を代表する「読売ジャイアンツの菅野投手」や「ソフトバンクホークスの千賀投手」などのように大きな選手となることを期待して行きたいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は中日ドラゴンズ山本拓実選手の学生時代やこれまでの成績についてご紹介してきました。皆さんも今後が楽しみな投手に魅力を感じたのではないでしょうか。

 

今活躍しているプロ野球選手の応援も楽しいですが、今後の活躍が期待される若手選手を応援していくのもプロ野球の醍醐味かもしれませんね!

 

特に山本拓実選手は「中日ドラゴンズ」へ高校卒業からプロ入りし、登板数は少ないながらも確実に出場機会を増やしています。入団当初に伸び悩む選手が多い中でチャンスの機会が多い山本拓実選手の2020年シーズンは注目のシーズンでもあります。

 

ドラゴンズファンはもちろん、プロ野球ファンの方にはぜひ一度見ていただきたい投手なので、今シーズンのプロ野球観戦の参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link



 - 野球 , , ,