温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』

小椋裕介の経歴は?中学、高校、大学時代の成績がすごい?結婚は?

<Sponsored Link>

   

2020年2月2日に丸亀国際ハーフマラソンが開催されましたが、その大会で見事、日本新記録で優勝したのが小椋裕介選手です!

 

このハーフマラソンの大会で素晴らしい結果を残したことで、東京五輪マラソン代表の残り人枠の候補として注目されています。今回は小椋裕介選手について、どんな選手なのか紹介していきます。

Sponsored Link

小椋裕介の経歴、プロフィールは?

小椋裕介(おぐらゆうすけ)選手は 北海道士別市出身で1993年4月16日生れの26歳です。身長174㎝で体重は59㎏です。現在はヤクルトに所属しています。男4人兄弟の長男で兄弟仲はいいそうですよ。

 

学歴は中学は士別中学で、高校は札幌山の手高等学校、大学は青山学院大学を卒業しています。

小椋裕介

小椋裕介の中学、高校、大学時代の成績がすごい?

小椋裕介選手は中学時代から陸上選手として活躍していて、中学2年の新人戦以降は北海道内で1位の選手だったそうですよ。
小椋裕介選手はツイッターをやっていますが、ツイッターで中学時代の写真をアップしていました。

このときから完成度が高くて、いまとあまり変わっていなかったみたいですね^^

 

高校は「札幌山の手高等学校」に進学。この高校の陸上部はかなり強くて、インターハイや高校駅伝大会などにも出場しているそうです。卒業生は駅伝が強い大学に進学したり、実業団で活躍するなどしていて、陸上の名門校となっているようです。陸上部以外にもラグビーも強くて、ラグビーW杯で活躍したリーチマイケル選手もこの高校の卒業なんだそうですよ。

 

今回、小椋裕介選手が丸亀国際ハーフマラソンで日本新記録を出したということで、高校の関係者も喜んでいるでしょうね^^

 

小椋裕介選手は高校時代も陸上選手として活躍し、全国高等学校駅伝競走大会2回出場しています。この大会では最長の1区を任されました。1区は各校のエースが出場することが多いということで、小椋裕介選手は高校時代から実力があって、陸上部の監督からの信頼も厚かったのではないでしょうか。

 

2009年の全国高校駅伝は1区で45位、2011年の全国高校駅伝は1区で12位という結果でした。

 

小椋裕介選手は頭脳明晰で論理的に考えるのが得意なんだそうですよ。大学にはスポーツ推薦で入学したそうですが、一般入試でも合格できるだけの頭脳があると仲間から言われていたそうです。勉強の陸上もできるということで文武両道のタイプなんですね。

 

大学は駅伝の名門である青山学院大学に進学しています。同期には久保田和真選手、神野大地選手がいて、1年後輩の一色恭志選手とあわせて「青学四天王」と言われていたそうです。実力があって、青学に入学して以降大きな故障もなく、大学内で盤石の地位を築いていたみたいですね。

 

箱根駅伝には4年連続出場しています。2013年は7区で14位、2014年は7区で2位、2015年は7区1位、2016年は7区1位という素晴らしい成績を残し、青山学院大学の優勝に貢献しています。4年連続7区を走ったのは箱根駅伝で史上初の快挙だったそうですよ。

 

大学4年のときには2015年夏季ユニバーシアードにハーフマラソン日本代表として出場し、見事優勝を果たしています。大学を卒業後はヤクルトに入社し、実業団で陸上を続けていて、全日本実業団対抗駅伝競走大会にも出場しています。

 

そして、2020年2月2日の丸亀国際ハーフマラソンで日本新記録を樹立して一躍注目されました。これまでは全国的な知名度はありませんでしたが、この大会で一気に有名になりましたね。素晴らしい記録ですし、今後の活躍が楽しみですね。

Sponsored Link

小椋裕介は結婚してる?子供は?

小椋裕介選手について結婚してるのか気になったのですが、どうやら結婚しているようです。

 

小椋裕介選手はツイッターをやっていますが、ツイッターにこんなつぶやきをしていました。

「支えてくれた妻に感謝です」と書かれているので結婚してるということですね。奥様については詳しい情報はないようですが、アスリートの妻だといろいろ栄養とかにも気を配らないといけないですし、献身的な支えがあったのでしょうね。

 

子供についてはとくに情報がないですし、ツイッターにも子供に言及してるものはないのでまだ子供はいない可能性が高そうです。

 

小椋裕介選手は次は東京マラソンに出場する予定ということなので、次の大会でどんな走りを見せてくれるのか非常に楽しみですね。今後の小椋裕介選手の活躍に注目していきたいと思います。



 - 駅伝 マラソン , , , , ,