お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

テドロス事務局長の国籍、経歴は?中国習近平と蜜月の関係?

<Sponsored Link>

      2020/03/22

新型肺炎が世界で大きな問題になっていますね。中国では感染者が日に日に増えていますし、感染が拡大していて、世界的な問題となっています。

 

そんななかで世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長について、注目が集まっているようです。今回の新型肺炎の件でWHOは対応が遅いなどど批判されているようです。

 

中国と蜜月関係にあるのではないかともいわれています。今回はテドロス事務局長がどんな人物なのか調べてみてので紹介していきます。

Sponsored Link

テドロス事務局長の国籍、経歴は?

テドロス事務局長は1965年3月3日生れの54歳。国籍はエチオピアです。

 

エチオピアは人口はおよそ1億500万人ということでアフリカでもけっこう人口が多い国ですね。

テドロス事務局長

大学はアスマラ大学を卒業しています。この大学はエストリアという国の大学のようです。大学では生物学の理学士号を取得。その後、1986年に保健省に加入しています。

 

大学はほかにもロンドン大学に通っていて、感染症の免疫学の修士号を取得、ほかにノッティンガム大学の哲学博士号も取得したそうです。かなり頭がいいインテリの学者さんということですね。

 

テドロス事務局長は医学を研究していたマラリアの研究者として国際的に高く評価されているそうです。

 

その後、2005年から2012年までエチオピア政府の厚生労働大臣を務め、2012年から2016年までは外務大臣を務めていたそうです。

 

エチオピアの医療改革に尽力し、子供の死亡率を減らしたり、妊産婦の健康状態の改善、マラリア、エイズなどの病気の削減などに成功させたそうです。エチオピアの医療を改善させたということで、かなりすごい方なんですね。

 

元アメリカ大統領ビル・クリントンとクリントン財団ともつながりがあって、世界的な人脈もしっかり持っているようです。

 

そして、2017年7月1日にWHOの局長に就任しています。ちなみに任期は5年とのことです。新型肺炎でWHOはごたごたが続いた印象があり、テドロス事務局長も頼りない感じがしたのですが、実はかなりすごい方だったんですね。まあ、WHOのトップになるくらいですから、すごい人なのは当たり前ですね(^^;

 

 

Sponsored Link

テドロス事務局長は中国習近平と蜜月の関係?

エチオピアという国は中国と関係が深くて蜜月の関係と言われているそうですよ。

 

エチオピアは他民族、多言語と言われています。80を超す民族と100近くの言語があるといわれているようです。こうした国家のため、まとまるのが難しくて経済的に貧しい国だったそうです。

 

内戦があったり、エリトリアとの国境をめぐって紛争などもあったりして、国が疲弊していました。しかし、その後、徐々に国が発展してきてインフラなどの設備が整うようになり、経済が急速に発展してきました。

 

その経済発展を支えてきたのが中国です。中国とエチオピアは1970年に国交を樹立し、その後、中国から多くの支援をうけてきました。空港の現代化や通信網の整備、農産業、製造業の発展、教育の充実など様々な中国マネーによる投資によって国が発展していったそうです。

 

いまのエチオピアの発展があるのは中国の力が大きいということもあり、中国と蜜月の関係となっているようです。中国側からは一帯一路のモデル国家として賞賛を受けているそうですし、中国には頭が上がらない状態となっているのではないでしょうか。エチオピアは対中債務の大きさも問題となっていて対中国の債務軽減も国の課題となっているようです。

 

中国からお金を借りまくってしまったことで、首根っこを掴まれたような感じで、中国様に逆らえない状況となっているようです。中国がよくやる手法ですね。

 

こうしたこともあり、テドロス事務局長と中国の習近平氏には深いつながりがあるみたいですね。結局のところ、エチオピアのテドロス事務局長は習近平氏に従属するような立場になってしまっていて、今回のWHOの対応も中国をたてるような感じの対応になってしまったのではないでしょうか。

 

WHOの中国への忖度はひどいですもんね。ヨーロッパにコロナウイルスが広まり始めた3月11日にパンデミック宣言をしましたが、遅すぎると批判されていましたね。中国が大変なときに迅速に対応していれば現状が違ったかもしれないので本当に残念ですね。

テドロス事務局長は無能?ネットの評判は?

WHOの対応がまずかったということでネット上でも批判の声が多かったようです。識者の方などはテドロス事務局長が中国の番犬ということで批判的な意見を言っていますね。

新型肺炎の世界的な影響を懸念するというよりは、中国の立場にたって代弁しているような感じということでWHOに対する不信感を持っている人はたくさんいるようです。

 

たしかにこういう人はちょっと信用できない感じがしますね。医学的な知識や経験も豊富でかなり有能な人物であることは確かなのでしょうけど、政治とかお金が絡むことで、誤った方向に向かってしまったのでしょうね。

 

テドロス事務局長の今回の新型肺炎での対応がまずかったということで、解任や辞任を求める声もあがっているようです。

国連の組織とかは中国マネーがだいぶ入ってきているようですし、今後もいろいろと問題が起きてきそうですね。このまま新型肺炎がさらに中国内で拡散するようなことがあれば中国共産党の立場も悪くなって崩壊するという可能性もあるのではといわれているようです。

 

共産主義だったソ連の崩壊も原発事故の隠ぺいが引き金になったといわれているようですし、今回の新型肺炎に対する今後の中国共産党の対応次第では崩壊の可能性もあるかもしれませんね。

 

テドロス事務局長のことから話がそれてしまいましたが、今回の新型肺炎はすでに世界中が大変なことになっていますし、WHOも適切な対応を行って対処していってほしいですね。

 

テドロス事務局長は逮捕歴がある?

テドロス事務局長の名前で検索したら、関連ワードに「逮捕」というのがありました。逮捕歴があるのかなと気になったのですが、そういった情報はありませんでした。

 

今回のコロナウイルスの対応について批判の声が多くて、逮捕されるべきという意見とかもあって、逮捕と検索されることが多くなったのかもしれませんね。

 

テドロス事務局長の対応のまずさでWHOの信用も地に落ちた感じがしますし、 世界にとっても大きな損失がありましたので、その責任をとってもらいたいという気がしますね。

 

新型コロナウイルスの感染者数は世界で累計30万人を超えて死者の数も1万人を超えたということで本当にすごい被害になっています。中国が早くに手を打っていればこんなことにならなかったのに本当に残念ですね。

 

今後、さらに経済活動が停滞していき、経済苦による自殺とかも増えていきそうですし、本当に世界的な恐慌の可能性もあるので、怖いですよね。WHOのトップもテドロス事務局長のような人物に任せることは危険だし、更迭とか辞任させたほうがいいと思いますね。

 

ついでに、中国の国連への影響力もどんどん削いでいったほうがいいと思いますね。

 

 

 



 - ニュース , , , ,