温泉旅館の格安予約サイト『一休.com』

ブティジェッジは天才で経歴、学歴がすごい?政策、評判は?なぜ人気なの?

<Sponsored Link>

   

2020年はアメリカ大統領選があるということでどうなるのか注目されていますね。民主党の大統領候補を決める選挙戦が行われていますが、ピート・ブティジェッジ氏はその有力候補として注目されています。

 

これまでは無名でしたが、最近になって徐々に知名度を高めていて、同じく民主党の大統領選有力候補であるサンダース氏に迫る勢いとなっているようです。

 

今回はピート・ブティジェッジ氏について、経歴、学歴、政策や評判などのほか、人気の理由についても調べてみましたので紹介していきます。

Sponsored Link

ブティジェッジは天才で経歴、学歴がすごい?

ブティジェッジ氏は1982年1月19日にアメリカのインディアナ州サウスベンドで誕生。現在38歳です。30代でアメリカ大統領候補になる可能性があるということですごいことですね。

 

ブティジェッジ氏の父親はマルタ出身の移民であり、文学者でノートルダム大学の教授をしていたそうです。父親は2019年1月にガンでなくなったそうです。母親も元ノートルダム大学の教授とのことです。両親がともに学者ということですごいですね。

 

ちなみには母親は健在で現在、ブティジェッジ氏の選挙スタッフとして重要な地位を占めていて尽力しているそうですよ。

ブティジェッジ

・ブティジェッジは天才で学歴がすごい!

両親が優秀ということでブティジェッジ氏もかなり優秀で学歴も素晴らしくて天才って言われているそうですよ。

 

高校時代には「最も大統領になる可能性が高い生徒」に選ばれたそうですし、高校時代から凄くて神童といわれていたそうです。

 

大学はハーバード大学を卒業し、学士号を取得しています。「magna cum laude」という優等の成績での卒業だったそうです。その後、英国のオックスフォード大学にも留学しています。

 

英国のオックスフォード大学では哲学・政治学・経済学において最優等(first-class honours)の成績で卒業したそうです。ハーバードでは歴史、文学を専攻し、オックスフォードで哲学・政治学・経済学を学んだということで幅広い知識を持っているようです。

 

ブティジェッジ氏は語学も堪能で英語、仏語、伊語、スペイン語、ノルウェー語、マルタ語、アラビア語、ダリー語の8か国語を話すことができるそうですよ。めちゃくちゃ頭がいいということで天才ですね^^

・ブティジェッジの経歴は?

ブティジェッジ氏はオックスフォード大学を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。この会社はグローバル企業で世界的にも有名なコンサルティング会社ですね。

 

そして、2009年からは2017年までアメリカ海軍予備役として、2014年には7か月アフガンに従軍したそうです。勉強ができるだけではなく、行動力もありかなりすごい人物のようですね。アメリカ大統領の候補になっている人物というだけあって経歴も学歴もすごいですね。

 

このアフガンへの従軍の前の2012年に、29歳でサウスベンド市長に就任しています。サウスベンド市は人口が約10万人ということで、20代でこういった大きな市の市長になったということで本当にすごいですね。

 

2019年の4月に大統領候補選に出馬することを表明。若さを前面にだして世代交代を訴えています。まだ30代ということで、もし、民主党の大統領候補になり、トランプ大統領に勝てば史上最年少の30代のアメリカ大統領となるそうです。

Sponsored Link

ブティジェッジの政策、評判は?

ブティジェッジ氏はサウスベンド市の市長を2期務めましたが、政治経験が浅いということが弱点と言われています。若いだけあって経験不足ということで、アメリカ大統領にはふさわしくないという意見もあるみたいですね。

 

また、ブティジェッジ氏は同性愛者であることを公表していて、2018年に高校教師の男性と同性婚しています。

 

民主党の大統領候補選に出馬表明した際にはそれほど知名度はなく、支持率も低くてほかの候補に遅れをとっていましたが、アイオワ州党員集会では予想外の健闘をして、トップの支持を得ました。ただ、現時点では得票に意義があるということでまだ確定はしていないようです。

 

いずれにせよ予想外の健闘ということで知名度が一気に上昇して有力な候補として見られています。

・ブティジェッジ氏の政策は?

ブティジェッジ氏の政策、理念としては中道左派であり、オバマ大統領の政策に近いといわれています。健康保険の拡大や労働者の最低賃金の引上げ、労働組合の権限強化といった労働者に寄り添った政策を打ち出しているようです。

 

サンダース氏のように極端に金持ちに厳しくするというような政策ではないということで、この点でサンダース氏と差別化をはかっているようです。法人税については増税することでその増税分を財源にしようとしてるということで、企業は警戒感をしめしています。

 

政策についてはそこまで極端ではなく、現実路線と言われているようです。

・ブティジェッジ氏の評判は?

ブティジェッジ氏はアイオワ州党員集会にかなり力をいれていて、資金もかなり投入してサプライズを起こすことを目論んでいたそうです。そして、その戦略がハマり、高い得票率を得て、知名度も一気に上昇していきました。これによって評判も一気に良くなったみたいですね。

 

ブティジェッジ氏は弁舌もうまくて、若さを全面的にアピールすることで新鮮さもあり、若い人の支持もたかまっているようです。同性愛者であることも公表していますし、オープンで飾らない人柄というのもウケているみたいですね。

 

こうした姿勢は革新的な若い人の間では人気が高まっているようですが、黒人やヒスパニック系の間ではまだ知名度は低くて伸び悩んでいるところがあるようです。

 

オバマ大統領が誕生したのは黒人有権者の支持が大きかったといわれていますが、ブティジェッジ氏は同性愛者ということで、黒人層からの支持が受けにくいのではないかと言われていて、民主党の大統領候補になったとしてもトランプ大統領には勝てないのではないかと言われています。

 

同性愛については日本以上にアメリカは嫌悪感を持つ人が多いようですし、なかなか難しそうですね。

ブティジェッジはなぜ人気なの?

ブティジェッジ氏は富裕層からの支持も受けていて、資金もかなり集まっているようです。ほかの民主党候補と比較すると企業に対して融和的ということで金持からの資金も集まりやすいようです。

 

その潤沢な資金で選挙活動を積極的に行っていることで着実に知名度を伸ばしているようです。ブティジェッジ氏は弁舌もうまくて、サンダース氏などを相手にした討論でも一歩も引かずに論理的に返しています。

 

さわやかで愛嬌もあり、頭もよくて、軍隊の経験もあるということで、経歴も学歴もすごいということで人気になっているようですね。日本の小泉進次郎さんもそうですが、さわやかな雰囲気があり、若いというのは武器ですね。

 

ブティジェッジ氏は若くて優秀ということで何かを変えてくれるのではないかと期待する人も多いのではないでしょうか。

 

政治経験の少なさと同性愛者ということで、この点が選挙戦においては欠点といえそうですし、民主党の大統領候補になったとしてもトランプ大統領に勝つのは難しいかもしれませんね。ただ、選挙は何があるかわからないですし、ブティジェッジ氏がアメリカ大統領になる可能性はゼロではないのではないでしょうか。

 

今後のブティジェッジ氏に活動に注目していきたいと思います。



 - 政治 , , , , ,