楽天デリバリー

ニック・キンマンと衝突したスタッフは誰?両者の怪我の具合は?

<Sponsored Link>

   

東京五輪で重大な事故があったみたいですね。

 

BMXオランダ代表「ニック・キンマン」選手がコースを試走中に、コースを横切ったスタッフとぶつかってしまいました。

 

今回はこの事故のスタッフや怪我の具合などについて調べてみました。

Sponsored Link

 

ニック・キンマンと衝突したスタッフは誰?

ニック・キンマン選手と衝突したスタッフは国際審判員とのことです。日本のボランティアとか関係者とかではなかったみたいですね。

 

国際審判員ということで、この競技は熟知しているだろうし、なぜ、こんなことが起きてしまったのでしょうかね。

 

動画をみると、ちょっとふらふらした足取りだったし、炎天下で熱中症気味だったという可能性もあるのかも?不注意で侵入してしまったという情報もありますが、そういうことが起きやすいコースの構造だったのでしょうかね。

 

この国際審判員については、日本人ではないという情報もあるようです。あんまり詳しい情報を明かしてしまうと、世間から叩かれるので、これ以上の情報については、組織委員会も明かさない可能性が高いかもしれませんね。

 

ニック・キンマンとスタッフ、両者の怪我の具合は?

ニック・キンマン選手は、この衝突によって膝蓋骨を損傷してしまったそうです。けっこう大変な怪我ですね。

 

出場できるのか、懸念されたようですが、鎮痛剤を打って、準々決勝に出場し、見事1位で通過したそうです。

 

ものすごい根性ですね。鎮痛剤を打っているものの、問題なく走れているようなので、最悪の事態は避けられたみたいですね。

 

ちなみに、ニック・キンマン選手は、事故後のツイッターで「スタッフが無事であることを望みます。」とツイートしていて、その対応が称賛されているようです。あんなことされたら、ブチギレてもおかしくないのに、紳士的ですね^ー^

 

一方で、衝突したスタッフの怪我の具合についてですが、衝突後、担架で運ばれたという情報がありますが、具体的な怪我の具合などの情報はないようです。

 

けっこうなスピードで衝突していますし、無傷というわけにはいかなかったでしょうね。

 

ただ、You Tubeの衝突したときの動画をスローで見ると、衝突する数m手前で、自転車が来ていることに気づき、防御態勢をとっていたようです。

 

BMX 事故

画像が粗くて申し訳ないですが、はっきり、自転車のほうを見て認識していますね。

 

まったくの無防備で衝突していたら、怪我も大きくなると思いますが、少なくとも衝突に備える時間はあったみたいですし、衝突の瞬間も手から当たったようなので、命に関わるような重大な怪我などはないのではないでしょうか。

 

まあでも、衝突の衝撃はすごいでしょうから、軽傷ということはなく、ダメージは大きそうですね。

 

これは本当に大変な事故ですね・・・

 

ちなみに、BMXは最大60キロでるそうですよ。「自転車の格闘技」とも言われていて、接ショックや転倒も多いみたいです。そのため、脳神経外科の専門医や看護師など合わせて10人ほどが緊急時に対応できるようにしているそうです。

 

今回衝突したスタッフの方も医師によって適切に処置をしてもらうことができたのではないでしょうか。

 

ニック・キンマンの衝突事故の今後は?

五輪出場前のアスリートに怪我をさせたということで、大きな問題になりそうですね。

 

しかも、ニック・キンマン選手はメダルが狙える有力な選手であり、膝蓋骨の骨折という大きな怪我を負わせてしまったので、賠償とかの問題になっていくのではないでしょうか。

 

スタッフが不注意だったということで、事故が起きてしまいましたが、コースの構造とか運営が適切だったのかという問題もありますし、大会組織委員会の責任も追求されていきそうですね。

 

本当にあってはならない事故ですし、再発防止のためにも組織委員とかの運営に問題はなかったのか、徹底的に検証とかしてほしいですね。

 

ニック・キンマン選手については、もう頑張って優勝してもらうしかないですね。ネット上でもニック・キンマン選手の対応を称える声が多いですし、応援している日本人も増えているようです。

 

ニック・キンマン選手は怪我で辛いと思うけど、頑張って欲しいなあ。

 

 

Sponsored Link

 

 



 - 東京オリンピック , , ,