榊英雄の経歴、学歴、国籍は?演技や作品の評価は高かった?

<Sponsored Link>

   

 

俳優、映画監督の榊英雄さんが過去の女性関係のトラブルで話題になっているようですね。

 

今回は、榊英雄さんがどんな人物なのか気になったのでしらべてみました。

 

Sponsored Link

 

榊英雄の経歴、学歴は?

榊英雄さんは、長崎県五島市福江島で1970年6月4日に誕生したそうです。現在51歳とのことです。

 

ファミリーツリーという事務所の代表取締役を務めるなど、俳優、映画監督として、様々な作品に携わっています。

榊英雄

榊英雄の学歴は?

学歴については、出身高校、大学ともに明らかにされていないみたいですね。

 

高校まで長崎県五島市に暮らしていたそうなので、次の高校のどれかではないかと推測されています。

 

・五島海陽高校
・五島高校
・五島南高等学校
・奈留高等学校

 

大学については、福岡県の私立大学ではないかといわれているそうです。

 

ツイッターとかの情報によると、福岡大学の経済学部ではないかといわれているそうです。

 

福岡大学の経済学部の偏差値は55~60くらいらしいので、優秀ですね^ー^

 

学生時代にディスコでアルバイトをして、そこでダンスに興味をもったそうですよ。

 

4年間ダンスを習ったということで、ヒップホップダンスチームに所属もしていたそうです。かなりのダンスの実力なんじゃないでしょうか。

 

榊英雄の経歴は?

榊英雄さんは大学を卒業後、古厩智之監督の映画「この窓は君のもの」のオーディションに合格し、いきなり主演となったそうです。

 

榊英雄さんは現在もイケメンでかっこいいし、若いときはかなりかっこよかったのではないでしょうか。

 

それでもいきなり主演ってすごいですね^ー^

 

ただ、その後は、役者としてあまり売れずに苦労していたようです。様々なドラマに出演したものの、脇役とかが多くて、役者としては、あんまり成功できなかったみたいですね。

 

なかなか主役ができなかったときに女優の片岡礼子さんから

 

「自分で脚本を書いて監督をしたら主役ができる」

 

といわれて、監督業を目指したそうです。1996年に自主映画『“R”unch Time』で監督を務めると、第1回目『インディーズムービー・フェスティバル』で入選を果たします。

 

その後、様々な作品で監督を務めることになります。主な作品には次のようなものがあります。

 

“R”unch Time(1998年)- 第一回インディーズムービー・フェスティバル入選
短編映画集 新・刑事まつり ?一発大逆転?「軍団刑事っ!」(2003年)
短編映画集 監督感染-DIRECTORS INFECTION-「終着駅の次の駅」(2003年)
GROW -愚郎-(2007年)
ぼくのおばあちゃん(2008年)- 第21回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門選出
誘拐ラプソディー(2009年)- 第20回日本映画批評家大賞新人監督賞受賞、不祥事を起こした押尾学の代役として自身も出演
終わらないツアー-フラワーカンパニーズ結成20周年とその後 -(2011年)
捨てがたき人々(2014年)- 第26回東京国際映画祭コンペティション部門ノミネート
短編映画集 破れたハートを売り物に「父と息子」(2015年)
流し屋 鉄平(2015年)※東映Vシネマ
木屋町DARUMA
裸の劇団 いきり立つ欲望(2016年)- 成人映画 ※さまようアゲハと二部構成
トマトのしずく(2017年)
アリーキャット(2017年)
ほくろの女は夜濡れる(2017年6月23日)
コクウ(黒雨)(2017年7月8日)
ぼくらのショウタイム(2019年)
ハザードランプ(2022年

 

映画祭にノミネートされるなどしている作品もあるようですし、監督としての評価も高いみたいですね。

 

榊英雄の国籍は?ハーフ?

榊英雄さんを検索していたら、「国籍」という関連ワードがあったんですよね。

 

榊という名字が珍しいからとか、見た目がちょっと中国人っぽい雰囲気があるからとかなんでしょうかね?

 

実際のところは、国籍は日本で、ハーフとかでもないみたいです。

 

榊英雄は演技や作品の評価が高かった?

榊英雄さんは、 2014年公開の『捨てがたき人々』で、第26回東京国際映画祭コンペティション部門正式出品、第9回KINOTAYO映画祭批評家賞を受賞するなど、高く評価されているようです。

 

あんまり、世間的な知名度はないみたいですが、監督としての評価は高いみたいですね。

 

また、演技についても、けっこう評判が良かったみたいです。

監督としても役者としても、高く評価されていたということで、今回の女優への性的行為強要疑惑については、残念がっている声が多いようです。

 

榊英雄は性格、素行に問題があった?

榊英雄さんは、今回の女性トラブルが明らかになる前には、性格や素行に問題があったという情報はないみたいです。

 

映画監督として、ストイックで、演技のためのワークショップとかもしていたようですし、作品にかける思いは強かったみたいですね。

 

ただ、女癖が悪いというのは関係者の間で噂にはなっていたようです。

 

『生きる街』の撮影中には、オーディションと称して、わいせつ行為をしたいたということが、週刊誌に報じられていたこともあるようです。このときは、匿名で報じられて大きく取り上げられなかったようですが、以前から問題になっていたみたいですね。

 

そして、最近になって、女優4人から性加害を告発されたということで、常習的にやっていたみたいですし、本当なら、かなり悪質ですね。

 

監督として、逆らえない立場で、強要するというのは最悪ですよね。

 

力関係を利用して、女優の卵といわれる夢をもった女性を食い物にしてきたということで、本当に残念な方ですね。

 

榊英雄さんに限らず、こういう業界はこういう権力を乱用したパワハラとかセクハラとかいろいろありそうですね。

 

これ以上、被害者がでないように、業界は自浄作用を働かせて、改善していってほしいなと思います。

 

榊英雄さんは、被害者の女性にしっかり謝罪して、今後、二度とこういうことが起きないようにしてほしいですね。

 

Sponsored Link

忍成修吾の性格がわかるエピソードなどを調査!悪役多いけど人柄は良い?

 

土井レミイ杏利の嫁(結婚相手)はどんな人?子供がいる?家族情報を調査!

 



 - 俳優 , , , , ,