ルイス・エンリケの娘が超美人?病気で死亡?采配の特徴や戦術なども調査!

<Sponsored Link>

   

 

カタールW杯が始まっていますね!始まる前は日本代表があんまり期待できなかったということで、盛り上がってませんでしたが、日本がドイツに勝って、一気に空気が変わりましたね^ー^

 

グループリーグ勝ち上がる期待が高まっていますが、その壁となるのが、スペイン代表ですね。今回はスペイン代表監督であるルイス・エンリケ さんについて、いろいろ気になったことを調べてみました。

Sponsored Link

 

ルイス・エンリケの娘が超美人?

ルイス・エンリケ監督は1970年5月8日生まれの52歳です。既婚者であり、娘さんがいるそうですが、その娘さんが美人ということで注目されているそうですよ。

 

ちなみに、奥様は、Elena Cullell(エレナカレル)さんというそうですよ。

 

美人と注目されている娘さんの名前は「シラ・マルティネス」さんといいます。

 

シラ・マルティネスさんは現在22歳くらいで馬術競技の選手として活躍されているそうです。

ルイス・エンリケ 娘

 

インスタのフォロワーは20万人もいるそうですし、ルイス・エンリケ監督の娘としてだけではなく、馬術選手やインスタグラマーとしても注目されているといえそうですね。

 

インスタも見たのですが、美人で素敵ですね^ー^b

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sira Martinez(@siramartinezc)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sira Martinez(@siramartinezc)がシェアした投稿

馬術競技の格好をしている姿も凛々しくて素敵ですね。

 

ちなみに、恋人はスペイン代表FWフェラン・トーレス選手なんだそうですよ。

 

監督の娘と付き合うというのはなかなか大変そうですね^^;

ルイス・エンリケの娘は病気で死亡?

ルイス・エンリケ監督に3人の子供がいて、長男、長女、次女がいるそうです。

 

残念ながら、次女のシャナちゃんは、すでに亡くなってしまったそうです。2019年8月に骨肉腫という小児の骨に発症する悪性腫瘍が原因で9歳の若さで亡くなってしまったそうです。

 

ルイス・エンリケ監督は次女の闘病のために、一時、監督を辞任していましたが、その後、監督に再任されています。

 

娘さんが亡くなって辛かったでしょうけど、スペイン代表監督として、重要な役割を果たす人物ということで、再び監督に選ばれたという感じなのでしょうかね。

 

指揮官として、かなり優秀なようですし、スペインでの評価もかなり高いのではないでしょうか。

Sponsored Link

 

ルイス・エンリケの采配の特徴や戦術とは?

ルイス・エンリケ監督はいろんなトレーニングを取り入れていて、少し奇抜なところもあるようです。

 

カタールW杯中には、ネット配信をして、チームの情報を発信するなどして、母国で注目されているそうですよ。

 

これまでの実績は非常に素晴らしく、2014年にバロセロナに就任して3年間ですべてのタイトルを獲得し、39戦無敗記録を作ったり、過去最高の勝率を記録したりもしているそうです。

 

めちゃくちゃ優秀で、実績もかなりあるみたいですね。

 

戦術の基本としては、ポゼッションサッカーというスタイルで、ボールを保持しながら細かくパスを繋ぎ、相手陣営に入っていって、崩していくというスタイルのようです。

 

タレント選手による一点突破という感じではなく、4-3-3というシステムで、チームが連携して動き、ボールを保持しながら、押し込んで、相手の集中力が切れたときなどに一気にゴールに向かうという感じなのでしょうかね。

 

現在のスペイン代表選手の平均年齢はカタールW杯出場チームのなかで2番めに若いということで、若手選手を積極的に起用しているようです。

 

実績のある選手を連れてきてチームに適合させるというよりは、吸収力がある若手を積極的に使って、チームの連携や戦術を理解させるというのを重要視しているみたいです。

 

連携力もあり、慢心もなく、油断とかもせずに、チームが一丸となっているようですし、日本にとっては、かなりやりにくい相手といえそうですね。

 

ルイス・エンリケ監督はコスタリカ戦で大量得点で勝ったあとでも、「いつも10-0で勝利するつもりでやっている。」と答えていますし、そういう監督の姿勢とか考え方がチームに浸透しているのではないでしょうか。

 

若手中心のメンバー招集は賛否両論あったみたいですが、コスタリカ戦の大量得点での勝利によって勢いがついていますし、一体感もあるので、非常に強力な敵といえそうです。

 

ドイツ戦の前半のときのように、圧倒的にボールを支配されている状態で我慢する時間が多くなるのではないでしょうかね。

ルイス・エンリケ率いるスペイン代表に日本は勝てる?

現時点では、日本代表が勝つのはかなり厳しいと思われているようです。

 

イギリスの大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」のオッズによると、スペイン1.35倍、日本9.00倍、引き分け4.80倍となっていました。

 

1.35倍というのはガチガチの本命ということですから、ドイツ戦以上に、スペインに勝つのは難しいと思われているようです。

 

ドイツ戦は奇をてらった作戦がハマったともいえますが、その作戦に対しては、ルイス・エンリケ監督も対策してくるでしょうから、使えないですし、厳しい戦いになるのではないでしょうか。

 

総合力も上なので、なんとか守備で粘って、失点を抑えて、引き分けを狙うというのが現実的なかんじかもしれませんね。

 

ただ、日本はドイツ戦でゴールを決めた浅野選手など、カウンターを得意とする選手も多いので、チャンスは少ないながらもあるのではないでしょうか。

 

少ないチャンスを確実にものにできれば、勝機はあるかもしれませんね、。

 

サッカーはなにがあるかわからないし、日本のサポーターもたくさん現地に行っていて雰囲気も日本に有利になる可能性もありそうだし、なんとか頑張って、勝ち点をとってもらいたいですね!がんばれニッポン!!



 - サッカー , , ,