瀬川瑛子の父親は歌手だった?母親は韓国人?生い立ちなどを調査!

<Sponsored Link>

   

歌手の瀬川瑛子さんは個性的なキャラで一時期バラエティ番組などにも多数出演して活躍されていましたね。

歌手としても大人気でNHK紅白歌合戦にも4回出場しています。天真爛漫で天然でほんわかした感じで人柄も良さそうですし、多くのファンに愛されている歌手のお一人ではないでしょうか。

今回はそんな瀬川瑛子さんのご両親について、気になったので調べてみました。

Sponsored Link

瀬川瑛子の生い立ちは?

瀬川瑛子(せがわえいこ)さんは東京都渋谷区出身で1947年7月6日うまれの71歳です。

高校は町田学園高等学校(現・品川エトワール女子高等学校)を卒業しています。1967年に「涙の影法師」でデビューし、その後、1970年に「長崎の夜はむらさき」が50万枚のヒットを記録しました。

1986年には「命くれない」がミリオンセールスの大ヒットを記録し、1987年にNHK紅白歌合戦に初出場しています。その後も様々なヒット曲を生み出して、人気歌手として活躍しつつ、バラエティ番組などにも出演し、お茶の間で人気になりました。

私生活では24歳のころに結婚しています。結婚相手はレコード会社の社員ということで一般人の方だったそうです。その後、この方とは離婚しています。

離婚の理由については明らかにされていませんが、瀬川瑛子さんが売れっ子だったということで多忙によるすれ違いとかあったのかもしれませんね。

その後、瀬川瑛子さんは51歳のときに清水武さんという方と再婚しています。この方は瀬川瑛子さんおバックバンドを務めていたそうです。

ちなみにお子さんは初婚のときも再婚のときもいないそうです。芸能活動が忙しくてなかなか子供を作るという状況ではなかったのかもしれませんね。

瀬川瑛子

瀬川瑛子の父親は歌手だった?

瀬川瑛子さんの父親は瀬川伸さんという歌手の方です。

1916年10月24日生まれで2004年3月14日に87歳で亡くなったそうです。『上州鴉』や『明星鴉』といった代表曲があり、第2回(1952年1月3日)、第7回(1956年12月31日)のNHK紅白歌合戦に出場したそうです。

紅白に出場するくらいですから人気もすごかったのでしょうね。瀬川伸さんは歌手としてだけではなく、焼肉屋も経営していたそうです。下積みが長くて苦労したということもあって、大変な思いをしてきたみたいですね。

瀬川伸さんは娘を自分の後継者にしたいという強い思いがあって歌のレッスンをほどこしたそうです。瀬川瑛子さんは父親の教えを受けて小学生のときから父の舞台の前座に出演していたそうです。

自分の娘が紅白に出場し、親子2代での出演を果たしたということで喜びも大きかったでしょうね。

Sponsored Link

瀬川瑛子の母親は韓国人?

瀬川瑛子さんの名前で検索すると関連ワードに「韓国」という言葉がでてきました。なにかなと思って調べてみると、どうやら瀬川瑛子さんの母親が韓国人または中国人ではないかと言われているそうです。

母親の情報はネット上にはほとんどないようなので分かりませんが、もしかしたら韓国人や中国人の血が入っているのかもしれませんね。

このくらいの年代の日本では中国人とか韓国人とか芸能界にもたくさんいたみたいですし、不思議なことではないですね。母親の国籍については不明ですが、瀬川瑛子さんは日本で生まれていますので日本国籍で間違いないと思います。

石川さゆりの結婚相手は?旦那との出会い、馴れ初め、離婚の理由とは?

瀬川瑛子さんは魅力的で素敵な歌手ですし、これからも健康に気をつけていつまでも芸能界で活躍していってほしいですね。



 - アーティスト , , , , ,