【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

マイケルノーマンの母親がすごい!両親の年齢、経歴、職業を調査!

<Sponsored Link>

      2019/10/03

陸上競技のマイケルノーマン選手がすごいと注目されているそうです。

 

陸上短距離界のホープとして今後、世界陸上やオリンピックでメダルを獲得できるのではないかといわれているそうですよ。日本の陸上競技会ではサニブラウン選手が注目されていますが、同年代の選手ということでこれからさらに注目が集まりそうですね。

 

今回はマイケルノーマン選手について、両親がすごいという噂なので両親のことなどを中心に調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

マイケルノーマンの経歴、プロフィールは?

マイケルノーマン選手は アメリカ合衆国カリフォルニア州出身で1997年12月3日生れの21歳です。現在、南カリフォルニア大学在学中ということで現役大学生なんですね。チームはナイキに所属しています。

 

マイケルノーマン選手は身長185㎝(188と紹介してるところもあるようです)で体重82㎏という見事な体格をしています。短距離選手というのは体格が大きいほうが有利というのもあるみたいですね。筋力とかパワー勝負みたいな感じもありますし、がっちりしていないとなかなかいいタイムがでないのでしょうね。

 

ちなみに日本のサニブラウン選手は身長188㎝で体重は83㎏あるということなので、体格は同じくらいですね。

 

マイケルノーマン選手は次世代のスーパースター候補ともいわれていて、ものすごい注目されているそうですよ。昨年の全米学生選手権で男子400mの世界歴代6位43秒61という素晴らしい記録をだして一躍有名になり、世界が注目する存在となったそうです。

 

最近では2019年5月19日に行われた「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」に出場し、男子200mで19秒84という大会新記録を樹立しました。ちなみにこの大会では日本人トップは山下潤選手の20秒75だったそうです。1秒近く差があるということですごいですね。

 

小気味良いリズムとピッチが特徴の走りで中距離を得意としているそうですが、短距離も自力があるということで100m~400Mあたりで今後活躍していきそうな選手といわれているようです。

 

日本人選手にとっては強力なライバルになっていきそうですね。

 

マイケルノーマン選手は小学5年で陸上をはじめたそうですが、それ以外に野球、バスケ、サッカーなども並行してやっていたそうです。運動神経抜群でいろんなスポーツ界から引っ張りだこだったのでしょうね^^

 

陸上は数字(記録)で自分がどれだけ成長したのかわかるのでやりがいがあると話していて、2013年ごろから200mと400mの練習に専念するようになったそうです。それからはものすごい勢いで成長しているそうですし、将来、本当にすごい選手に成長していきそうですね。

マイケルノーマン 両親 母

マイケルノーマンの母親がすごい!両親の経歴、職業、成績は?

マイケルノーマン選手は父親はアメリカ人で元陸上短距離の選手だったそうです。

 

身体能力とか運動神経とかは遺伝の影響も大きいといいますし、父親の力を受け継いでいるのでしょうね。私の場合は両親も私も運動神経皆無なので本当にこういう方はうらやましいいですね(^^;

 

父親の現在の職業については、とくに情報がありませんでした。陸上選手だったということなので陸上の指導者をしている可能性とかもありそうですね。年齢についても情報がありませんでした。すいませんm(__)m。今後、マイケルノーマン選手がメディアに注目されれば父親に関する情報とかもでてきそうなので、新しくわかれば追記していきます。

 

母親は(旧姓斉藤)伸江さんといいます。母が日本人ということでマイケルノーマン選手はハーフなんですね。伸江さんは静岡県浜松市の出身で陸上競技をしていたそうです。1989年、女子100メートルで11秒96の日本中学新記録(当時)を樹立

 

中学新記録を樹立したということでかなり実力がある選手だったんですね。両親がともに陸上短距離選手だったということで陸上界のサラブレッドですね。両親ともに運動神経抜群なのでそれはすごい選手になりますよね。

 

年齢は中学時代の成績から計算すると44~45歳くらいといわれているようです。どんな方なのかちょっと気になりますね。ちなみに伸江さんは高校卒業後に米国に留学し、移住したそうです。そこでマイケルノーマン選手の父親と会ったのでしょうかね。

 

今後、日本でも注目を集めそうな選手ですし、これからいろんな情報がでてきそうですし、楽しみですね^^

Sponsored Link

マイケルノーマンの今後は?

マイケルノーマン選手は現在は、東京五輪にアメリカ代表として出場し、母の親族が住む日本で走るのを目標にしているそうですよ。日本勢にとっては強力なライバルになりそうですね。

 

母親が日本人ですが、日本への来日は2019年5月19日に行われた「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」に出場するために来たのが初めてということなので、日本語とか日本文化についてはあまり知らないのでしょうね。

 

マイケルノーマン選手はここ1~2年でスタートも抜群に良くなり、高い修正力とスピードで今後、陸上短距離界で世界的に注目されることが予想されているそうです。

まだ、日本でも知名度はそこまで高くないようですが、これから東京五輪が近づいてくれば、マイケルノーマン選手の名前をメディアで見聞きする機会が増えるかもしれませんね。今後のマイケルノーマン選手の活躍に注目していきたいと思います^^b

 

追記(2019/10/3)

2019年10月、ドーハで行われている世界陸上400mに出走しましたが、45秒94の平凡なタイムで7着という結果でした。優勝候補と言われていましたが、調子が悪くて途中で怪我を恐れてゆるめたそうです。ドーハはかなり過酷な環境だったようですし、そういう環境面で力を出せなかったのかもしれませんね。

 

次は万全な状態で素晴らしい走りを見せてもらいたいですね。



 - スポーツ , , , , ,