【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

増田ユリヤのプロフィール、経歴、学歴は?旦那(夫)と子供がいる?

<Sponsored Link>

      2019/08/08

増田ユリヤさんはジャーナリスト、コメンテーターとして活躍されている女性ですね。このあいだ、テレビで見たのでちょっとどんな方なのか気になって調べてみました。

 

いろいろ検索していたら、関連ワードに「かわいい」なんて言葉があり、美人できれいということで注目している人もいるそうですよ。

 

今回は増田ユリヤさんの経歴など気になったことを調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

増田ユリヤのプロフィール、経歴、学歴は?

増田ユリヤさんは横浜市生まれで1964年7月27日生れの55歳です。現在はジャーナリストとして、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日系列「グッド!モーニング」などに出演しています。

 

私がみたときにはワイド!スクランブルに池上彰さんと一緒に出演していました。池上彰さんとは共著でいろんな本を発売してるようですし、一緒に仕事をする機会が多いようですね。

 

増田ユリヤさんのユリヤという名前が珍しいなと思って本名なのか検索してみたのですが、情報がありませんでした。ジャーナリストですし、ペンネームみたいなものなのかもしれませんね。

 

出身高校についても情報はないようです。大学は國學院大學文学部史学科を卒業しています。國學院大學の偏差値は45.0 - 60.0で文学部史学科は57.5とのことなのでけっこう高いですね。


 

増田ユリヤさんは大学を卒業後、明治学院高等学校で非常勤講師をしていたそうです。学校では世界史・日本史・現代社会を教えていたそうですよ。そして、その講師をしながらNHKラジオ・テレビのリポーターなどもしていたそうです。

 

きれいで聡明そうな雰囲気があったので、昔、女子アナとかで活躍していたのかと思っていました(^^;

 

現在も増田ユリヤさんはキレイで上品は方ですが、若い頃はもっと美人だったでしょうから、教え子の学生さんたちは楽しく学べたのではないでしょうか。

 

2002年からは海外取材を開始し、世界各国の教育現場などを訪問、取材し、見識を広めていったそうです。『教育立国フィンランド流 教師の育て方』など教育に関する本を多数出版し、その後はコメンテーターとしても活躍し、様々なテレビ番組にも出演するようになったそうです。

 

講演なども行っており、青少年の教育、人権問題、国際環境問題を専門にしているそうです。若者の教育に従事し、いろんな本も出版し、活躍しているということで立派な経歴ですね。

増田ユリヤ プロフィール 経歴

増田ユリヤは結婚して旦那(夫)と子供がいる?

増田ユリヤさんは私生活のほうはどうなのでしょうか?

 

結婚して子供がいるのか気になって調べてみたのですが、増田ユリヤさんの旦那さんや子供に関する情報というのはまったくありませんでした。もしかしたら、結婚していない可能性もありそうです。

 

増田ユリヤさんは仕事をバリバリして、教育現場の最前線を取材し、情報発信しているようですし、仕事がかなり忙しくて結婚はしなかった可能性もありそうですね。

 

ちなみに「55歳 女 未婚率」で検索してみたら、2017年のデータで55歳女性の未婚率は9.5%という情報がありました。もうちょい多いかと思ってら意外と少ないですね。

 

まあ、今の時代は結婚しなくても幸せになれますし、家庭を持たずに仕事に熱中するというのもやりがいがあって充実できそうですね。

 

増田ユリヤさんの結婚については、今後情報があれば追記していきます。

Sponsored Link

増田ユリヤの評判は?

増田ユリヤさんの評判についてはけっこう辛らつな意見とかもあるみたいですね。

なかなか厳しい意見ですね(^^;。こういったコメンテーターの方は少なからず、ネット上で叩かれたりしていますよね。テレビという限られた時間で伝えるとなるとやっぱりいろいろ難しいでしょうし、当たり障りのない発言になりやすかったりもしそうですね。

テレビ朝日のコメンテーターとして活動しているということで思想的には左翼っぽい感じみたいですね。私は、自分のことを右寄りの保守だと思っているので、こういう韓国に対する扱いについては意見が逆です。

 

韓国のためにもしっかり報復とか国交断絶とかをしたほうがいいなと思います。徹底的に痛い目をみて日本をバカにしたり、貶めるのは損だとわからせてから新たに関係を構築したほうがお互いのためになるような気がします。

 

以上、今回は増田ユリヤさんについて調べて見ました。経歴は立派ですが、評判については、けっこう厳しい意見もあるようです。政治について語るよりは、専門の教育分野で活動したほうがいいかもしれませんね。



 - コメンテーター , , , , ,