お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

千代松大耕の経歴、学歴がすごい?政党はどこ?評判も調査!

<Sponsored Link>

      2020/04/28

大阪府泉佐野市がふるさと納税をめぐって国と対立しているみたいですね。返礼品を地場産品のみとする総務省の基準に対して、不満をあらわにして反発しているそうです。

 

今度のふるさと納税はamazonギフトを返礼品にするそうですし、国と真っ向から対立する姿勢みたいですね。

 

こうした対応については賛否両論あるみたいですね。今回は大阪府泉佐野市の市長である千代松大耕氏について、どんな人物なのか気になったので調べてみました。

Sponsored Link

千代松大耕市長の経歴、学歴がすごい?

千代松大耕(ちよまつひろやす)氏は大阪府泉佐野市出身で1973年10月3日生れの46歳です。千代松という苗字はけっこう珍しいなと思って検索してみたところ、全国でおよそ90人しかいないそうです。大阪府泉佐野市に多い苗字のようです。

 

千代松大耕氏は40代という若さで市長になるくらいだからすごい経歴とか学歴なんだろうなと調べてみたのですが、予想通りすごかったです。まず学歴ですが出身高校は同志社香里高校です。この学校の偏差値は66ということなので頭のいい学校ですね。

 

そして大学は同志社大学経済学部を卒業しています。この大学の学部も偏差値62.5ということなので優秀な大学ですね^-^。

 

これだけでもすごいですが、千代松大耕氏はその後、リンカーン大学大学院を修了し、社会人となったあとも大阪府立大学大学院、和歌山大学大学院をそれぞれ修了したそうです。これだけいろんなところで学んできたということでかなり優秀な方なのでしょうね。

 

経歴は1999年に堀場製作所に入社し、2000年に泉佐野市議会議員補欠選挙に立候補して当選しています。2000年っていうことは27歳くらいの時ですね。20代で市議会議員になって、その後、4期連続で当選し、泉佐野市議会議員を務めたそうです。2004年に第61代副議長、2006年に監査委員、2008年に第65代議長を務めています。

 

そして、2011年に市長選挙で初当選し、2015年にも再選し、現職の泉佐野市市長として活躍されています。2019年に行われた市長選に立候補し三選を果たしました。

 

政治家として19年くらいのキャリアがあるということでかなり優秀な方のようですね。まだ40代ですが、ふるさと納税問題で国に対しても真っ向から挑んでいますし、度胸とかもすごそうですね。ふるさと納税で日本一になっているそうですし、政治手腕とかも高いのではないでしょうかね。

千代松大耕 経歴 学歴

千代松大耕市長の政党はどこ?

千代松大耕氏は選挙とかもすごい強いようですし、どこかの政党に所属しているのかなと思ったのですが、政党には所属しておらず、無所属とのことです。

 

ただ、「大阪維新の会」の公式サイトに千代松大耕氏の名前があったので、大阪維新の会の支援を受けているのでしょうかね?

 

ふるさと納税の件で政府と揉めてしまっているので、政権与党である自民党との関係はちょっと微妙なところかもしれませんね。

Sponsored Link

千代松大耕市長の評判を調査!

「千代松大耕 評判」でググってみたのですが、これといった情報がありませんでした。ふるさと納税で泉佐野市を日本一にしたということで市の名前を有名にしたというのもありますし、税収も相当増えたでしょうから市民からの評判とかはよさそうですね。

 

評判がよくないと3選しないですものね。経歴とか学歴も申し分ないですし、かなり優秀な視聴なのではないでしょうか。

 

あとはいろいろ検索していたら、千代松大耕市は一部で「ミニ橋下(徹)」と言われていたことがあるらしいです。けっこうな野心家でタイプで目立ってなんぼという考えも持っているみたいです。

 

今回のふるさと納税でも国と対決姿勢をみせていますし、敵味方をはっきりさせて、一方から絶大な人気を獲得するというタイプの政治家なのかもしれませんね。

 

ふるさと納税の問題は今後どうなっていくのか、千代松大耕市長は再選できるかなど注目していきたいと思います。

 

追記(2019/10/3)

泉佐野市がふるさと納税の対象がから除外されたことについて、裁判沙汰になる可能性が浮上しているようです。千代松大耕市長は除外した根拠が不明ということで争う姿勢をみせているようです。

 

この除外については賛否両論ありそうですが、法律的には国が不利かもしれませんね。恣意的に除外するというようなことは法的にできなさそうですし、今後、泉佐野市の除外が撤回される可能性もあるのではないでしょうか。今後に注目ですね。

 

千代松大耕のふるさと納税訴訟の結果は?

国が泉佐野市をふるさと納税適用の除外にしたことを違法として取り消しを求めた裁判が行われたそうですが、請求は棄却されたそうです。

 

千代松大耕氏が負けてしまったということですね。裁判所からは市の手法を厳しく批判されるような恰好になってしまったようです。ただ、2020年4月時点でこれが確定したわけではなく、今後も高裁判決が見直される可能性もあるようです。

 

現状ではどうなるか分かりませんが、これでもし負けるようなことがあれば苦しい立場になる可能性はありそうですね。

 

また、この争いのほかに国が泉佐野市の地方交付税を減額したということで、こちらも裁判沙汰になる可能性があるようです。国に対してまっこうから喧嘩を売ってしまったことでいろいろ大変な状況になっているみたいです(´・ω・`)

 

個人的には国に対して真っ向から喧嘩を売ってしまったということで、不利益を受けてしまうのは仕方がないような気もしますね。国に対して要請を拒否してふるさと納税で多額の資金を集めたということなので国から不利な扱いをされてしまうのは自業自得という感じがしますけどね…

 

いずれにせよ、泉佐野市と千代松大耕氏がどうなっていくのか今後も注目したいと思います。

 

こちらの記事も読まれています。

↓    ↓     ↓

森田健作の嫁(妻)の名前、年齢、職業は?子供は何人いる? 

 

鈴木直道の経歴、学歴がすごい?結婚して嫁、子供がいる?



 - 政治 , , , , ,