【毎日更新】6時間限定のタイムセール!楽天市場人気アイテムが最安値に挑戦!

若一光司の経歴、学歴がすごい?結婚してて嫁(妻)、子供がいる?

<Sponsored Link>

   

若一光司さんがネット上で話題になっているようです。私はこの方のことを知らなかったのですが、テレビ番組で激怒して話題になったそうですよ。

読売テレビの番組の企画が性別調査企画と称して、個人の性別をおちょくるかのような内容となっていたそうです。

これに対して、若一光司さんが激怒したそうです。ネット上では若一光司さんに対する称賛の声が多くて、「よく言った!」というような声が多くあるようです。

私も動画で見たのですが、和やかな雰囲気が若一光司さんの激怒によって場が凍っていました(^^;

迫力もあってすごい方だなと思ったので、若一光司さんがどういう方なのか調べてみました。

Sponsored Link

若一光司の経歴、学歴がすごい?

若一光司(わかいちこうじ)さんは大阪府出身で1950年10月16日生れの68歳です。作家、画家として活躍し、現在はコメンテーターもされているそうです。

学歴は大阪市立工芸高等学校美術科を卒業ということで大学には行っていないようです。

この高校は偏差値は48 - 55ということでそれほど高くはないですが、美術系の高校としては有名で100年近くの歴史がある伝統校なんだそうです。

若一光司さんは高校在学中から大阪、東京で個展を開催していたそうですよ。高校生で個展ってすごいですね。

現代美術作家として奇抜な作品などもあり、美術界の一部では注目されていたそうです。ハツカネズミの亡骸を利用して作品にしたりしていたそうですし、かなり前衛的だったみたいですね(^^;

高校を1年留年してから卒業し、卒業後はコピーライターやCFディレクターをしていたそうです。その後1973年に企画会社プランニング・インターナショナルを設立しています。23歳で企画会社を作ったということなのでかなりすごいですね。

『海に夜を重ねて』(河出書房新社)で1983年度の文藝賞を受賞し、それからは作家活動に専念したそうです。70年代に中東、イスラエル、パレスチナ問題にかかわり、難民支援などの活動をしてきて、人権問題にも詳しいそうです。

在日韓国人、朝鮮人問題や死刑制度の問題についても積極的に発言して、これまでに様々な番組で論客と議論してきたそうです。橋本徹さんとか大谷明宏さんとも激しい討論をしてきたそうですよ。

今回の読売テレビの性別特集でも激高していましたが、昔からテレビで激高することが多かったみたいです。怒鳴りあいのようになることがあったようですし、激しい性格をしているみたいですね。

これまでに著書は20冊以上出版していて、どれも評価が高いようです。今回の激怒によってネット上で話題になり、amazonの本も売れているみたいで中には在庫切れとか発送に1か月要するものもあるみたいです。

すごい経歴の持ち主ですし、若一光司さんの本は読んでみたくなりますね。

この本なんかはとくに人気があって評判がいいみたいですよ。

2016年11月出版ということなのでけっこう最近ですね。若一光司さんの本ではこれが一番最近の本のようです。

若一光司 経歴 学歴

若一光司は結婚して嫁(妻)、子供がいる?

若一光司さんで検索していたら、関連ワードに「結婚」とか「子供」というような用語があったので、家族関係について、検索してみました。

いろいろ検索してみたのですが、若一光司さんの家族の情報はネット上にないようです。芸能人とか有名人とかではなく、文化人であり、一般人であるということでこのあたりの情報は公開していないようですね。

ちなみに「60代男性 未婚率」でググったら、60歳で14.8%、65歳で11.3%という情報がありました。昔は結婚してこそ1人前みたいな考え方がありましたし、若一光司さんも結婚してる可能性が高いかもしれませんね。

若一光司さんの激怒したときの顔とか迫力は超怖いですが、普段のかんじは温厚そうなおじいちゃんという雰囲気ですし、家族を大事にする常識人という感じがしますね。

Sponsored Link

若一光司は左翼?

若一光司さんで検索していたら「左翼」というワードもありました。人権を尊重していて、人権問題に詳しいということで左翼的な思想を持っていると言われているみたいですね。

左翼とか右翼とかいろいろな定義とかあってよくわかりませんが、人権問題に詳しく、マイノリティの権利を尊重しようと考えているということで左寄りなのは間違いないさそうですね。

そこらへんにいる頭がお花畑の左翼ではなく、論理的で理性的な頭のいい左翼という感じではないでしょうか。

今回、若一光司さんは性差別的な放送に激怒していましたし、正義感とかもかなり強い方なのでしょうね。

若一光司さんは今回の読売テレビの件でネット上で称賛されていますし、これから注目されていきそうですね。私も今後、若一光司さんの発言などに注目していきたいと思います。



 - コメンテーター , , , , ,