河野太郎は中国寄り(親中国派)?気球への対応で炎上?弟の会社が中国と関係?

<Sponsored Link>

   

河野太郎さんは自民党の有力な政治家であり、総裁候補としてもよく名前があがる人物ですね。

 

期待する声が多いですが、一方で、中国寄りなのではないかという声もあったりするようです。

 

今回は、河野太郎さんが中国寄りなのかどうかという点について調べてみました。

 

Sponsored Link

河野太郎は中国寄り(親中国派)?なぜ中国に好意的と言われているの?

河野太郎さんが親中国派かどうかについてですが、河野太郎さん自身は親中国派ではないと否定していてるそうです。

河野太郎

2021年9月26日、インターネット番組では、「中国との間で言うべきことをきちんと言うのは非常に大事だと思ってやってきた。中国寄りということはない」と発言しています。

 

こういう発言をするくらいですから、「中国寄り」との指摘とか批判があるのは確かなようですね。

 

中国は自分たちが不利になるような日本の政治家は叩きますが、利益になるような人物に対しては好意的に報じています。

 

河野太郎さんも中国では好意的に報じられていて、総裁選のときにも中国の報道では河野太郎さんを応援するムードができていたらしいです。

 

中国にとっては、河野太郎さんの父親である河野洋平さんが中国共産党建党百周年記念に向けて祝電を送ったりと中国に好意的ということもあり、その息子の河野太郎さんに対しても好意的にみているというのもあるようです。

 

父親が親中国派の議員というのが大きな理由かもしれませんね。

 

親の跡をついで政治家になった以上、親が世話になった(なっている)ということで、影響を受けるでしょうから、中国寄りになりやすいのかもしれませんね。

 

中国との人脈があり、パイプがあるという意味では、政治家として有利なのかもしれませんが、最近の中国の横暴に対して、危機感を持っている国民からすると、心配している人もいるのではないでしょうか。

 

河野太郎さんは父親の河野洋平さんに厳しくしつけられてきたという経験があり、現在でも父親には頭が上がらず、影響を強く受けているそうなので、中国寄りの考えに染まっているということもありそうです。

 

 

あとは、河野洋平さんの次男である河野二郎さんが、日本端子という会社の社長をしていて、この会社が中国に子会社を3社もっているそうです。

 

そのため、河野家にとっては中国は自分のビジネスをしていく上の大事なパートナーということもあり、中国寄りになっているのではないかということらしいです。

 

・父親が新中国派である

・弟の会社が中国と深いつながりがある

・実際に中国が喜びそうな言動をしている

 

こういったことから新中国派と見られているようです。

 

Sponsored Link

河野太郎は中国寄り(親中国派)?ネットの反応は?

河野太郎さんに対しては、けっこうネット上で叩く声が多いみたいですね。

 

中国に忖度しているような発言とかもあったりして、総裁になった場合に、中国に有利なことをしてしまうのではと危惧する声が多いみたいです。

 

 

 

 

 

あとは、河野太郎さんはツイッターでブロックをけっこうしていて、批判されるとブロックするというのをやっていて、これもあんまり評判が良くないみたいです。

河野太郎の気球への対応が炎上?

中国のものと思われる気球が日本に飛んできたことがありますが、そのときに、当時防衛大臣だった河野太郎さんの対応が良くなかったということで問題になっているようです。

 

安全保障に問題ないということで、なにも対処せずにそのままにして、会見で気球が日本に戻ってくる可能性について問われた際には「気球に聞いてください」とふざけた発言をしていて、これが今にになって炎上しているようです。

 

アメリカは気球を撃ち落としたということで、その対比として、河野太郎さんの過去のこの発言がふざけているということで批判されているみたいですね。

 

国会の質疑でもこの発言は取り上げられたみたいです。

 

 

危機感のなさに対して、河野太郎さんを批判する声はけっこうあるみたいですね。

河野太郎の弟の会社が中国と関係?

河野太郎さんの弟二郎さんが経営している日本端子は中国と関係が深いといわれているようです。

 

wikiによるとこの会社は「神奈川県平塚市に本社が所在し、中国の3カ所に子会社を置く、端子やコネクタを主力製品として、設計、製造、販売している企業」とのことです。

 

河野太郎さんも過去にこの会社に在籍していたことがあるそうです。河野洋平さんが大株主であり、弟が経営、自身も在籍していたということで、かなり関与が深い会社といえますね。

 

下のような経緯からみても、昔から中国との結びつきが強いようです。

1995年12月 - 中国北京に合弁会社「北京日端電子有限公司」を設立。
機械事業部を分社化し「日端テクノ」を設立
1996年7月 - 香港に香港日端電子有限公司を開設。
2007年5月 - 中国蘇州市に合弁会社「日端健和興電子電子科技(蘇州)有限公司」を設立

 

国民の懸念の声に対しては、河野太郎さんは「会社の事業の利害によって政治活動を歪めることはまったくない」と、この会社の存在が自身の中国政策に影響を与えないとしています。

 

直接的なつながりがあって、大きなお金も動いているということなので、政治活動にまったく影響がないとはいえないと思いますけどね…。

河野太郎は有能or無能?

河野太郎さんは、強権的なタイプであり、トップダウンで政策を推し進めていくところもあり、仕事が早いと評価されていたりもするようです。

 

その意味では有能といえますね。

 

規制とか慣習も打ち破ったり、実務的には非常に優れているところもあるようです。

 

一方で態度が傲慢なところがあったり、不誠実な対応をすることもあり、これが批判されていて、無能とか言われたりすることもあるようです。

 

 

こういう態度をしていたら、マスコミとか国民から不信感をもたれていらぬ批判を招くと思いますが、それをわかっていないので、無能と評価されてしまっているのかも。

 

世間の評価とかよりも自分の感情を優先させているのかもしれませんね。こういうところは、残念ながら無能っぽいですよね。

 

 

 

河野太郎さんはネット上ではけっこう批判の声が多いですね。ただ、マスコミなどの世論調査だと評判がよくて、「首相になって欲しい人」ランキングとかでは上位になる事が多いようです。

 

マスコミも中国寄りが多いので、河野太郎さんに対して好意的に報じることが多くて、テレビとかしか見ない人は河野太郎さんを応援してるのかもしれませんね。

 

個人的には、中国共産党は本当に怖い組織だと思っているし、日本の首相になる人には、中国と直接の利害関係はあってほしくないですね。

 岸信千世の経歴、学歴、評判は?結婚してる?将来の総理候補?

岸田文雄は無能?経済・移民政策がひどい!財務省の犬で増税派?




 - 政治 , , , ,

error: Content is protected !!