大石絵理の性格、人柄は?エピソードや過去の発言、評判などから検証!

<Sponsored Link>

   

大石絵理さんは現在、タレントやモデルさんとして活動している方ですね。

少し前にバイ・セクシャルを告白したことで話題になり、最近だと「アナザースカイ」という番組に出演して話題になっていました。

今回は大石絵理さんについて、性格や人柄などをいろいろ調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

大石絵理はどんな人?

大石絵理さんは東京都世田谷区出身で1993年12月22日うまれの24歳です。東京都世田谷出身ということで家はお金持ちなのでしょうかね。

父親は歯科医で医療法人社団誠正会理事長をしているそうです。名前は大石知孝さんといい、品川で大石歯科クリニックの院長をしているそうですよ。院長ですから相当お金が儲かりそうですし、裕福な家庭といえそうですね。

大石絵理さんは高2のときにモデルデビューしたそうです。その際に高校が芸能活動禁止をしていたということで高校を中退し、その後は留学を経験しています。事務所はプラチナムプロダクションに所属し、タレントやモデルとして活躍していきます。

2013年に出演した『有吉ジャポン』ではバイ・セクシャルを告白して話題になりました。その後も「陸海空 地球征服するなんて」、「林先生が驚く初耳学!」、「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」、「この差って何ですか?」などに出演しています。

大石絵理 性格

大石絵理の性格、人柄は?

大石絵理さんの性格についてはネット上では性格悪そうという声もあります。美人でスタイルも良くて、英語もペラペラで頭もいいということで嫉妬している人も少なくないみたいですね。

また、バイ・セクシャルの告白も売名のためにやったのではないかと言われています。目立つためにキャラ付けとしてバイ・セクシャルだとアピールしたのではないかということみたいです。実際のところよく分かりませんが、こういうことがあって性格が悪そうと感じる人がいるみたいです。

大石絵理さんはスペックが高くて、ピアノが得意で絶対音感があり、英語もできて、中国語も勉強しているということで向上心とかもすごいあるみたですね。いろんなことに積極的に挑戦していくのが好きな性格のようです。

ただ、もとからそういう性格だったわけではなく、幼少期は人見知りで家で読書ばかりしているような感じだったそうです。そんなときにイギリス、ロンドンに留学し、それがきっかけで自分でぐいぐい前にでる性格になって積極的になって、人とも自然と交流できるようになったそうです。

やっぱり性格をかえるには環境が大事なんでしょうね。留学をきっかけに仕事のオファーも増えたそうですし、人から好まれやすい性格に変わったのではないでしょうか。

Sponsored Link

大石絵理の評判、過去の発言やエピソードは?

大石絵理さんは過去に先輩モデルに対して挑戦的な発言をしたことがあるそうです。

「女性タレントは基本的にみんなライバル、とくに同じ事務所の先輩のおのののかちゃんがライバル」

ということを発言して、視聴者から生意気と思われたこともあるようです。おのののかさんについては、嫌いな人はだれという質問に対してもおのののかさんの名前をあげていたということでかなり意識しているようです。

事務所の先輩に対して嫌いといったことでこれも批判されてしまったみたいですね。大石絵理さんは向上心とか競争意識が強い性格をしているっぽいのでどうしても性格悪そうみたいな感じで見られてしまいやすいようです。

大石絵理さんは幼少期、内気で言いたいことを言えずに苦しんでいた経験があるということで現在は思ったことを口に出すことを大事にしているのかもしれませんね。

大石絵理さんのネット上の評判についてはあまり良くないという意見もありますが、性格が悪いとかはなさそうな気がしますね。真面目でいろんなことに挑戦して一生懸命頑張ってきたみたいですし、性格は良いんじゃないでしょうかね。

スタイルも良くて美人だし、性格も良さそうなのでこれからどんどんブレイクしていく可能性もありそうですね。今後の大石絵理さんの活躍に注目していきたいと思います。

モデルさんといえば個人的に石川恋さんもちょっと気になっています。ビリギャルの表紙を飾ったことで有名になったモデルさんです。この石川恋さんの記事も過去に書いていますので興味があればチェックしてみてください。
石川恋の本名は?経歴、学歴は?筋トレ好きで腹筋がすごいとの噂も…



 - モデル , , , , , ,